東京マラソンの大会コースを下見して良かったことを3つまとめてみました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたの心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

今回は、私が主催していますラントレ東京マラソンの試走会で感じたことをお話しします。

実際に、東京マラソンの大会コースを下見してみて気づいたこと!
 

それは・・・

①コースの特徴が肌で感じられる

②大会当日のイメージが鮮明化する

③都会のど真ん中を走るのが何といっても気持ちいい

です。

≪コースの特徴が肌で感じられる≫
 

やっぱり、一度走っておくだけで、どんな所を走るのか?というのが五感で感じられるので、心の余裕ができます。
 

・どこにどんな建物があったのか?

・どこでどんな景色を見ることができたのか?

・あそこのアップダウンがけっこうキツかった(笑)とか・・・
 

それだけで、何もわけもわからず迷子になった感覚はなくなります。
 

一度行ったことのある海外であれば、何となく緊張せずに余裕をもって行動できますよね?

それと一緒のことです。

 

≪大会当日のイメージが鮮明化する≫
 

これはもう少しツッコんだ部分になりますが、 

コースの中で、日陰や日向による気温の変化やビル風の強い所や全く感じない所など、実際に走ってみることで環境の変化や当日の様子や条件が「見える化」できるようになります。

その体験によって、

・当日はどんなウェアを準備すればよいのか?

・どんなことを対策すれば、寒さをしのげるのか?

・どんなことを意識して走れば良いか?
 

といったことが具体的に考えられるようになっていきます。
 

もっと言えば、

「この地点で何をするか?」を前もって決めておけば、

あとは、それを実行するだけなので、かなり気持ちが楽になるはずです。
 

≪そもそも都会のど真ん中を走るのが気持ちいい≫
 

普通、銀座を走ることはないですよね??
 

約束の時間に間に合わせなければいけないわけでもないし、
開店時間に滑りこみダッシュをするわけでもありません。
 

いつもと違う服装で、
普段いつもしないことをするのって、
楽しいわけです!!
 

新しい刺激になるからです。
 

銀座の中を颯爽と走る快感は、絶対、味わってほしいです!!
 
 

今回の東京マラソン試走会は、かなり距離もあったので、長丁場にはなりましたが、
 

1時間以上の有酸素運動(動作と共に呼吸をしながら継続的に行う運動)をするのは、ストレス発散になるだけでなく、『睡眠の質を高める』と言われるんですよ。

その理由は、簡単に言うと、運動によって身体が疲れるからです。疲れることによって、身体は自然と質の良い睡眠を求めるようになります。とってもシンプルですよね。

最近、「ぐっすりと眠れない」「いつも眠りが浅い」「寝つきが悪い」と感じている方は、ぜひ、ウォーキングでも良いので、定期的な有酸素運動を取り入れてくださいね。
 

よく眠れることができれば、
心と身体は回復し、元気になりますし、
 

気持ちがリセットできるので、不安なことからもおさらばできますよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[contact-form-7 id="3495" title="質問フォーム"]