何だか調子が悪いときにやってほしいメンタルトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたの心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

チューニングとは・・・

音楽においては、調律。

楽器の音の高さを合わせることに使われ、

機械や道具については、

目的とする状態に調整するという意味で使われます。

わたしは、スノーボードをするのですが、

板の状態を、

雪面で滑りやすくチューンナップするといった

使い方もします。

心のチューニングとは、

『ベストな心の状態に戻す』

という意味です。

ベストというのは、

・仕事への集中力がめちゃくちゃ良かった日

・エネルギーに満ち溢れていて、前向きに行動できた日

・自分の理想としているパフォーマンスが出せた日

などなどです。

ベストの時と比べて、

あなたが、

「何だか今日は、やけに集中力が途切れるなぁ」

とか

「いつもより、うまくいかないなぁ」

と感じたとき・・・

そのときに、心のチューニングが必要になっていきます。

では、

何をすればいいのか?

心のチューニングが必要なときというのは、

基本、

心の状態がポジティブか?ネガティブか?

といえば、

『ネガティブ』にあるときです。

ネガティブになっていると、

思考がとび、集中すべきことに集中できなくなり

前向きに行動できず、自信がなくなります

それでは、

目標に向けた一歩が、踏み出せなくなります。

もしくは、

そのスピードが遅くなります。

なので、

そのネガティブな状態を消し、

今やるべきことに集中できるようにすることが重要です。

そこで、そんなときに

一番、やるべきことは、

『イメージトレーニング』

です。

あなたの

目標が達成できているイメージを

心のなかで浮かべ、

しっかりと認識することが大切です。

「わたしは、こうなりたいと思っているんだよね!」

「こうなるためには、今やっていることを継続していくことが大切だよね」

「じゃあ、一つ一つやっていこう!」

というふうにして、

今この瞬間に、思考を戻していきます。

だって、

ネガティブなことを考えても、仕方のないことですし

起こるかどうかわからない未来の不安を考えても何も進まないですからね。

もう一度、

今に集中することに気づき、

向き合うことができたら、

心のチューニングは、完了です!!

夢をもつことは大切です。

しかし、その夢が大きすぎると、

今の自分とのギャップがありすぎて

「本当に達成できるのかな・・!?」

「無理なんじゃない?」

と思ってしまい、

逆に、ネガティブ感情が生まれてきやすくなります。

だから、

まずは、小さい目標をつくり、

それを少しずつ達成し、成功体験をしていくこと。

そうすれば、

あなたがつくった計画が、最終的な目標につながっていることに

ますます実感できようになり、

もっと今に集中できるようになっていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。