真田丸で学ぶ!不信感を解消するメンタルトレーニングの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真田丸で学ぶ人間関係を良好にする方法

あなたの目標を達成するための、

「心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です

メンタル面が弱いと・・・

・不安になる

・心配ばかりする

・疑いが生じる

・妬む

・周りばかり気にする

 

ようになってしまいます。

先日のNHKの大河ドラマ『真田丸』

「不信」

豊臣秀吉の甥っ子である秀次とのあいだに、

徐々に亀裂が生じていくという内容。

歴史的にみると、

最終的に、おじである秀吉に切腹を命じられ、

人生を終えるわけですが、

その理由については、諸説あります。

で、ドラマの中では、

秀次のメンタル面の弱さによって、

秀吉との関係性が悪化していくというふうに描かれています。

秀吉が、一人前に育てようと叱咤激励するが、

周りの目だけを気にしてしまう秀次にとっては、

それが愛のムチとは思えなくなってしまう。

秀吉の政(まつりごと)の考えについても、

きちんとコミュニケーションがとれず、

疑いの目が深まっていくのです。

ドラマのストーリーとしては、

今風に、メンタル面に焦点をあててつくられていたのですが、

「あるある~」

と思い、突っ込みどころがいっぱいで

それはそれで面白かったです。

わたしたちの生活でも

よくあること、ですよね。

・スタッフとの関係

・夫婦との関係

・友達との関係

の中で、

いらぬ想像だけが膨らんでしまうことで、

取返しのつかない大事(おおごと)になってしまうことが。

メンタル面が弱いと・・・

冷静にものごとを観察することができなくなるので、

すぐに感情的になってしまうんですよ。

それを防ぐために、メンタルトレーニングが必要なわけですが、

簡単な方法でも、ずいぶんと変わることができます。

それは、呼吸です。

 

一呼吸おくだけで、

冷静な目がうまれてくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。