頭がさえてからだが動く!!横綱白鵬がやっている場所中の食事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白鵬関のベストパフォーマンス

あなたの目標を達成するための、

「心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」をコンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

3度目の30連勝を達成した

横綱白鵬関

横綱の場所中の食事は、いがいにも少食。

できるだけ空腹状態にして、

取り組みに向かうようにしているのです。

その理由は、

『空腹時の方が、頭がさえてよくカラダが動くから』

確かに、

ランチを食べ過ぎてしまった後の眠いこと・・・。

それは、

消化をするために、負担がかかり、それだけ脳への血流が減るからです。

そして、このことは、

動物の特徴でみてみると、わかりやすい。

野生のライオンは、空腹になると獲物を探しにいきますが、

このときに空腹だからこそ、闘争本能にスイッチが入り、

最大のパフォーマンスを出すことができるそうです。

空腹で、力が入らずにヘナヘナになりそうですが、

そういうわけではないんですね。

そういう意味でも、

場所中のお昼を少なくしている白鵬の体調管理術。

理に適っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。