『良い習慣』と『悪い習慣』目標達成しやすいのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたの心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」をコンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

習慣には、二種類あるのをご存知ですか?

「ん・・どういうこと?」

それは、

習慣は、そのつくられかたによって二種類に分かれるということです。

一つ目は、

『明確な目的意識をもって主体的に身につけた習慣』

です。

ビジネスに成功するために、

ムダな時間をつくらないよう管理しようと、

毎朝、手帳に一日のスケジュールを書き込むようになった。

みたいな感じです。

そして、二つ目は、

『成り行きにまかせて知らず知らずのうちに身についてしまった習慣』

何となく、3時になったらおやつを食べる!!

みたいなことですね(笑)。

目標を達成するためには、

前者の習慣が大切だということです。

わたしは、以前、

毎晩500mlのビール2~3本に、

スナック菓子をおつまみにして、晩酌していました。

どう考えても、好ましい習慣とは言えません。

でも、成り行きで続けていました。

しかし・・・ある時、

スナック菓子で膨れたお腹と、

ビールの飲みすぎによって、

次の日の目覚めが悪く、

仕事も楽しくできていない自分に気が付きました。

そこからです。

明確な目標をもって仕事に取り組むようになると、

この習慣がスパッと止められたのです。

それは、この習慣を続けていたら、

目標が達成できないと、

実は、脳がサインを送ってくれたからなのです。

知らず知らずのうちに、

身についたマイナスの習慣。

これを修正できるかどうかによって、

未來が変わります。

そのためには、

まず、明確な目的地を決めることが大切なんですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[contact-form-7 id="3495" title="質問フォーム"]