SMAPから学ぶ!ラストステージとなった『SMAP×SMAP』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SMAPの最後のステージ、世界に一つだけの花

あなたの目標を達成するための、

「心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

一昨日の注目ニュースといえば・・・

スマスマの最終回。

20年間本当に本当にお疲れ様でした!!

もう、今年で終わりということもあって、

普段テレビを観ない私ですが、

12月は、毎週「SMAP×SMAP」を観るようにしていました。

私も実は、SMAP世代であり、

(香取君と同じ年です)

よくカラオケでもお世話になったグループだからです(笑)。

昔の振り返り映像が流れるなかで、

コントをやったり、慣れない料理をつくったりと、

今だからこそ当たり前のように感じる瞬間も、

昔の一コマの連続が積み重なってできた姿なのだと、改めて感じながら観ていました。

今では、

37万人ものファンから署名が集まったり、

最後の最後まで、紅白歌合戦参加のオファーがあったり、

テレビに出ている方たちにさえも、凄いと認められ、

日本だけではなく、海外の人からも親しまれていた存在になり、

20年間も、一つの番組を続けることのできたSMAP

本当に素晴らしいと思います。

このことを受けて、

先日Yahooニュースに出ていた、イチローの言葉を思い出しました。

プロ野球選手になり、

アメリカに渡って、何十年も選手として活躍し、結果を残しているからこそ、

「すげぇ~!!やっぱりイチローだからね!」

と、実際みんなにそう思われるのもしょうがないのですが・・・

でも、それは決してイチローだからでは無い、と言うのです。

そうですよね!?

イチローでさえも、昔は野球少年だったときがあるんです。

そして、

プロ野球界で、ヒットやホームランを打ったことのない時があるんです。

つまり、

みんなと同じときがイチローにもあったってことですよね?

じゃあ何で、こういう記録の出せる選手になれたのでしょうか?

それは、イチロー曰く

「自分の限界だと思うところで、もう少し頑張ってみる!」

ただひたすら、これを続けたからなんです。

ついつい、私たちは

何かの偉業や記録、名誉で人を評価しますが、

それが何か特別なことだと勘違いしてしまう傾向にあります。

しかし、

「それは違う!!」

という事を言いたいのでしょう。

大切なことは、

今の自分。

今の自分が、昨日よりも少しでも成長していくこと。

それが将来的に、目標に近づいていくのではないでしょうか。

最後に・・・

そうさ 僕らは
世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい

(*世界に一つだけの花のサビ部分)

自分の掲げた目標を達成することだけに集中すれば、

必ず、SMAPのようになれるのです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。