羽生結弦選手から学ぶ!世界NO.1の男になるためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GPファイナルで優勝した羽生結弦選手

あなたの目標を達成するための、

「心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

先日のことです。

それは、朝から学びの一日となりました!

テレビ朝日、平日朝8時からスタートの

『羽鳥慎一モーニングショー』で、

2016年12月9日からはじまる

GPファイナルに出場する羽生結弦選手について特集をしていたのですが、

彼の「学ぶ姿勢」「質問力」に圧倒されました。

今日は、その内容をシェアしたいと思います。

 

ソチ五輪で金メダル!!世界一になった男。

羽生結弦選手が、

2016年1月に行われた、ある表彰式のことです。

体操で、個人総合2連覇を含む

7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得している

内村航平選手に対して、質問攻めしたそうです。

「私は練習でできていることが、試合でできない」

「どうすれば、練習と同じようにパフォーマンスが出せるのでしょうか?」

質問は、これだけに終わらずに、

体操の演技や回転など、技術面についてもあったそうなのですが、

「すごい研究熱心ですね!」

と内村選手を驚かせたほどです。

内村選手からの回答は、

「週に2回、試合と全く同じ流れで、試合だと想定して準備から演技まで、練習をする」

ということでした。

この内容の重要性については、

また改めてお話したいと思いますが・・・

ここで私が言いたいことは、

目標を達成し続けている人は、常に自分を高めようと素直に行動しているということです。

それは、

自分の目指しているところ、ゴールを明確に設定し

そこに向けて必要なことを、全部やり切ろうとする姿勢があります。

そして、

年上だろうと年下だろうと、スケート競技ではない人にでも

質問をしたり、わからないことを素直に聴くということです。

そこに徹底していて、なおかつ常にアンテナを張っているからこそ、

でてきた質問攻めだったと思います。

チャンスは、そんなにあるものではありません!!

内村選手と会う機会も、

そうあるわけではないと思います。

その一瞬のチャンスを逃さずに、質問にいける!!

その攻めの勇気。

これが世界一を目指す男。

つまり、最高の結果を出し続ける人の姿勢なんだなぁと

思いました。

あなたは、常に、自分の目標に目を向けることができていますか?

周りの目を気にせず・・・

いつも自分の目標達成に向けて

必要な情報をとりにいき、スキルを磨こうとしていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。