自分で自分の体を治療する!効果の出る簡単腰痛体操!! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダイエット・運動をとおして、イキイキとした自分になろう」をコンセプトに、

エクササイズメンタルコーチをしている矢谷です。

よくこんなことを聞かれます。

 

「ツラい腰痛は、どうすれば治るのでしょうか?」

その答えは・・・

あなたの腰痛は、何が原因で起きているのか?を知れば解決できます。

※ここでは、主に筋肉や関節など、からだの構造上のお話しで限定しています。重度の病気や疾患による腰の痛みのお話しではありません。ご了承ください。

私も実は、軽度の腰痛持ちです(笑)。

ですから、少しだけあなたの気持ちがわかると思います。

「腰が痛い」と何となく、からだ全体が重く、ダルい感じが続いてしまいますよね。

「腰の痛み」が続いていると、何だか気持ちまでブルーになってしまいます。

あなたの体が元気に、そして、気持ちが前向きになれるように少しでもお手伝いができればと思います。

腰痛を解決するためには、一言

「ターゲットを絞ること」です。

今回は、その考え方についてお話していきます。

腰痛が治らないのは、何が間違っているの?

冒頭でもお話しましたが、

「腰痛が治らない」のは、まずあなたの腰痛がどこから来ているのかを知らず、ただ闇雲に腰痛に効きそうなことをやっているからです。

ここで、腰痛解決のための2つの考え方をご紹介します。

頭を整理するだけで、グッと解決に近づくはずです。

①「予防」と「解消」の違い

②今のタイミングで何をするべきかを知る

予防と解消の違い

「そんなこと知ってるよ」という方は、スル―してください(笑)。

ここでは、言葉の深い意味については、触れませんよ。

覚えておいてください!!

腰痛解消は、すでにある、あなたの腰の痛みを取り除くためにすることです。

そして、

腰痛予防は、あなたの腰が痛くならないようにするために、前もって対策をするということです。

一言でいうと、

「腰痛解消」は痛みをとることで、

「腰痛予防」は痛みを防ぐということです。そのまんまか・・・(笑)。

ところが、言葉の意味を理解しているのに、やっていることがバラバラだという人が、悲しいことに結構多いのです。

すご~く簡単に言うと、腰の痛みを取りたいのに、腰痛予防のための筋トレをしているようなものです。

今のタイミングで何をするべきかを知る

今のタイミングとは、あなたがどういう状態であるのかということです。

要するに、現状の把握です。

・今、まさに痛み出したのか?

・痛みが2,3日続いているのか?

・痛みが何となく和らいできているのか?

・痛みが取れたけど、いつまた痛くなるのか不安なのか?

・全く腰痛への不安感がない良いコンディションなのか?

などなどです。

腰痛の解決の鍵は・・・

現状がどうであるかを知ったうえで、その状況で一番解決に近い方法を選択することが重要なのです。

とはいっても、腰痛には様々な要因が絡み合って複合的に発生している場合もあるので、一概にコレで絶対に治るというものではありませんが、こういった考え方を知っているのと知らないのとでは、雲泥の差があると思います。

次はこのことについて、少し突っこんでいきますよ!

今、まさに腰が痛みだしたら・・・?

答えは簡単!!

「病院へ直行」です。

坐骨神経痛で運ばれる患者の様子 

ここで、大事なのは、

なぜ?あなたの腰が痛み出したのかを客観的に知るということです。

その理由を教えてくれるのが、お医者様なのです。

あなたの腰は、「○○○○○です」と診断してくれますよね。そういうことです。

その診断結果によって手術が必要なものもあれば、そのまま安静にしておけば良いのかなどが分かるわけです。

ここでむやみやたらに、一般的な知識だけで行動するのはおすすめできません。

ちなみに、私は高校生の時「ぎっくり腰」に見舞われたことがありました。

お風呂から出た後、突然のことでした。

下着を穿こうと、上半身を曲げた瞬間に「グギッ」となり、その形のまんまで病院に行ったのです(笑)。

診断は、「筋・筋膜性腰痛」ということで、筋肉が疲れちゃったみたいなのですが・・・、

「痛み止め」と「筋肉を緩める」効果のある2種類の薬を処方され、痛みが抜けるまでは数日、部活を休んで安静にしたということもありました。

このように、すばやく医療機関にいき診察を受けることで、現状を把握することができ、

「解決に向けて、今やるべきこと」を対処してくれるのです。

痛みが2.3日続いている場合

「2.3日腰の痛みが続いている」

ということは、痛み自体は我慢できたけれど、そこからあまり回復へと進んではいないことがわかります。

この場合も、ドクターに診断してもらうのがベストと考えますが、接骨院などの治療院で、あなたのからだの状態について、一度観てもらうというのも手だと思います。

※柔道整復師や整体師など、医療に関わる専門家とはいえ、業務的に”診断”はできませんので注意が必要です。

 整体やマッサージなどで対処療法する患者

ここで大事なことは、

「痛みがある場合」は、やはり自分の知識だけで勝手な行動をしないということです。

ちなみに、私は数年前、キックボクシングをしていた時に腰を痛めました。

キックの瞬間、「何かイヤな音がしたなぁ」と思っていたのですが、その時は、特に激しい痛みが出なかったのでそのままにしておきました。

しかし、数日経っても腰の違和感が取れないので、整体に行ってみると・・・

どうやら骨盤に歪みがあったらしく、すぐに修正してくれました。

その結果、かなり痛みが解消されたのです。

腰の痛みや違和感が、日を重ねても消えていかない変わらないという場合も、「何とかなるだろう・・・」と軽い気持ちでいるのは、あまり良くありません。

病院に行くのが面倒であれば、一度近くの治療院に行ってみることをおすすめします。

痛みが何となく和らいできている

「激痛」や「強い痛み」が弱まっている和らいでいる場合は、ストレッチやマッサージ、お風呂にゆっくり浸かるなどして、自分でもできるセルフケアを積極的に取り入れていくタイミングです。

また、デスクワークなどによって起こる腰痛(からだを動かさないことによる痛み)や、

接客業など立ちっぱなしによって起こる腰痛(からだを酷使することによる痛み)など、

慢性的に痛みのある腰痛も日頃のケアが大切になってきます。

その腰痛の解決ポイントは、

「血液循環を良くする」ことです。

血液に含まれる「酸素」「栄養素」を体内にどんどん送り込むことで、疲労物質老廃物がどんどん少なくなっていくからです。

こちらは一つの例ですが、お尻のストレッチを撮影した動画になります。

お尻は下半身の中でもかなり大きい筋肉なので、カラダへの影響力はそれだけ高くなります。

ここの筋肉が疲れてくると、腰が痛くなったりするので、自宅で寝る前にぜひやってほしい体操です。

◆このストレッチのおすすめポイント◆

・すっごく簡単なんです。

・からだが硬い人でも、全く問題ありません。

・基本、いつでもどこでもできます!!

あなたのできる範囲でやってみてくださいね。

いつまた痛くなるのか不安です

確かに、腰痛の場合「いつまた痛くなるかもしれない」という不安感はありますよね。

でも、こう考えてください!!

「今は痛みが無い」ということです。

つまり、今のタイミングで大事なのは、

「痛みを解消するのではなく、今後いかに痛みを出さないようにするのか?」という前向きな考え方です。

「解消」ではなく「予防」ということですね。

ですから、積極的にからだのコンディションを良くしていくことが重要になります。

そのためにトレーニングをするのです。

体幹トレーニングを行うフィットネス女性

体幹回りを鍛えて、いつもコルセットをつけているような状況を自分自身で作り出していくのです。

「人工コルセットとは何か?」

それは、あなたの筋肉です。

そういった体幹の筋力を高めていくエクササイズがこちらです!!

このトレーニングは、対角線上で手と足を床と平行になるまで挙げていくものですが、

ちょっとグラグラし過ぎちゃって、難しいという方は、まず足だけを上げるところからトライしてみてください。

◆この筋トレのおすすめポイント◆

・体幹の筋力が、人間の動きにとても重要だというのが一発で実感できるトレーニングだから。

・道具いらずで、気軽にできるところ(トレーニング自体は難しいです笑)。

・ぜひ、あなたに極めて欲しいぐらい重要なトレーニングだと私が切に思うから・・・

コルセットをつくる体幹トレーニングは、もっと色々な種類があります。しかし、まずはこういった基本的な所からはじめてみると良いですよ。

腰痛への不安感を無くすためには・・・

腰痛への不安感を無くすためには、何が必要なのでしょうか?

①腰痛解消ストレッチでしょうか?

②腰痛予防のトレーニングでしょうか?

答えは・・・ここまで読み進めて頂いているあなたならわかりますよね。

です。

もう少し詳しく言うと、

腰痛予防のトレーニングは継続しながらも、

日頃の生活の中で腰痛の原因となるような行動をできるだけ控えるということです。

ネットで検索してみたら、「タバコを控える」なんていうものもありましたが、タバコの煙に含まれる有害物質によって血流が妨げられるというのを考えると、確かにそれもアリます。

ですが、もっと大事なことがあります。

たとえば・・・

デスクワークによって、長時間同じ態勢になってしまうというのであれば、

休憩時間にできるだけ外に出るようにして、歩いたり、ちょっとしたストレッチをやってみるのも良いでしょう。

また、立ちっぱなしによって、体を酷使しているのであれば、

シャワーだけで済ませるのではなく、ゆっくりお風呂に浸かるとか、週1回はマッサージを受けたりするといったことです。

その他にも、

猫背になったり、反り腰にならないように姿勢を気をつけたり、

歩き方や座り方がどうなっているのか?鏡でチェックするようにしたり、

鞄をいつも同じ側の肩にかけていないか?

片方の肩にバッグをかけて歩く女性

足を組む場合は、いつも同じ足を引っ掛けていないか?

など、体の使い方に偏りが無いかを見るようにすることです。

こんなトレーニングだってあるんですよ(笑)。

普段、深くしゃがみこむことができなくなっていると思う方は、ぜひ挑戦してください!!

床に置いてある何かを取ろうとしても、深くしゃがみ込むことができないがために、腰を大きく曲げて、ものを取ろうとしていないですか??

コレってものすごく腰に負担がかかるので、腰痛の大きな原因になるんですよ。

そんな何気ないちょっとした普段の体の使い方にも、腰の痛みが誘発されることがあるのです。

まとめ

・腰痛といっても、様々な原因があるということを頭に入れて、まずは現状を把握すること。

・その上で、その状態に合った解決法をピンポイントに選択すること。

でも、専門家じゃあるまいし、身体のこと客観的にチェックすることが難しい。

そんなあなたに、おすすめしたいのがこちらです↓↓↓

このエクササイズのポイントは、

「自分で自分のからだを治療する」です!!

人間の根本的な動きに焦点をあてているので、その場しのぎではありません。

そして、日常動作で最も気を付けるべき点なんかも教えてくれます。

ぜひ、こんなことでお悩みの方はご覧になると良いと思います。

・とにかく、慢性的にある腰の痛みをとりたい方

・何をやっていいのかわからないという方

・自分自身の日常的な動作がちゃんと正しくできているのかが分からない方

・治療院に行かなくても、自宅でできる改善方法を知りたい方

・もっと身体のことについて真剣に考えなきゃと思っている方

状況別に、

1.座ってできるストレッチ

2.立ってできるストレッチ

3.寝てできるストレッチ

も用意しているので、あなたのやりやすい時間や場所でできるので良いですよ。

ここで私から大事なことをお話します。

人は他人事で動いているうちは、なかなか変わることができません。

自分の事として考えるからこそ、行動に変化が出てくるのです。

「自分事??」

それは・・・「ヤバい」っていう危機感です。

「いつか良くなるだろう・・・。」

「たぶん」「おそらく」「きっと」

という言葉をあなたがもし使っているのであれば、まず今からさほど変わることはありません。

全ての言葉に共通しているのは、

”他人事”になっているということです。

変わるのは自分だと強く思うことによって、人は変わることができるのです。

私のクライアントにこんなおばあちゃん(85歳)がいました。

そのおばあちゃんはこう私に言ったことがありました。

「息子たちに、『あなたは気丈だから100歳まで生きられるよ』と言われるけど、何にもしなければ、私は無理だと思っています。一日一日どう積み重ねていくかが大事だと、私は思っています」と。

その言葉を聴いて、「そうですよねぇ」と言いながらも、すっごく心の中が熱くなったのを覚えています。

もしかしたら、腰痛になった自分と真っ向から見つめ合うことで、あなたの考え方捉え方がどういうものなのかに気がつくかもしれません。

それだけではありません・・・。

もっと言えば、

「あなたらしい生き方とは、どんなものなのか?」を知るきっかけになるはずです。

腰痛になり、それを改善していこうと自分と向き合うことで、あなたという人間の価値に気づかせてくれたことに感謝する日がきっと来るはずです。

ぜひ、あなたの体、そして心と向き合ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。