妊娠中のママの足がつるのを予防するマタニティストレッチのやり方!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダイエット・運動をとおして、イキイキした自分になろう」をコンセプトに、

エクササイズメンタルコーチをしている矢谷です。

妊娠中に足がいつも“つって”しまって困っていませんか??

実は、私の妻も現在妊娠8か月(2015年12月)ですが、よく足がピクピクしたり、

足がつったりします。

そんな時、私は妻に○○○をします!!

今回、私がお伝えする方法は、

パパの協力が必要ですが、ママの足がラクになるので、ぜひやってください!!

それは、

『ふくらはぎのペアストレッチ』

です。

やり方の手順は、

①ママが仰向けに寝ます。

    ↓

②ママの攣りやすい方の足の横に、パパは正座で座ります。

    ↓

③パパのももの上に、ママの足を乗せます。

    ↓

④パパは、ママの足首がグラグラしないように手のひら全体で押さえながら、ママの足の甲をすねに近づけるように、ストレッチをかけていきます。

ママが仰向けの態勢になるのが厳しかったり、お腹に張りが出てしまったりする場合は、この方法での実施は辞めておきましょう

妊娠中のママの足がつりやすくなる理由は・・・

・赤ちゃんの成長によって、足の付け根が圧迫されて、血行が悪くなるから

・赤ちゃんの成長によって、ママの体内のミネラルが不足するから

・妊娠によって、運動不足になるから

です。

では、なぜこのペアストレッチを行うと、足がつるのを防ぐことができるのか??

それは、筋肉を伸ばすことで血行が良くなるからです。

運動不足により、筋肉があまり使われないことで、

ふくらはぎの筋肉が凝り固まってしまうのですが、

その「凝り」をほぐすことで、血流が改善されるのです。

もちろん、

足がつるのを予防するだけでなく、”むくみ””冷え”の対策にも効果があります。

ペアストレッチで注意しておきたいのは、

『力加減』の調整です。

ママが丁度よく伸びるぐらいの力具合がベストです。

強すぎても弱すぎても×です。

ここで大切なのが、コミュニケーション!!

「ふくらはぎ、伸びてるぅ~~!?」

「痛かったりしないかな??」

「気持ちいい?」

このように、

パパの感覚だけではなく、ちゃんと聴いてあげてくださいね。

コミュニケーションをちゃんと取ることで、

普段気づかなかった、ママの不満や訴えなどが聴けることもあるはずです。

パパがそんなママの話を聴くことだって、

ママにとって、心強いものになるんですよ。

ぜひ、パパは妊娠・出産に対して他人事にならないよう、

ストレッチでママの身体を楽にしてあげてくださいね!!

そうすれば、

出産後の夫婦関係も楽しく、赤ちゃんも温かい家庭環境の中でスクスク成長していきますよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。