長時間続く同じ姿勢で腰の凝りを和らげる方法を紹介します!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダイエット・運動をとおして、イキイキした自分になろう」をコンセプトに、

エクササイズメンタルコーチをしている矢谷です。

「飛行機内の狭い座席で、つら~い腰の凝りを和らげる方法」

を知りたいですか?

それでしたら、おすすめの方法があります。

今回お伝えする方法は、

その場ですぐにできるものですので、絶対やってください!!

それは、

『腰のひねりストレッチ』

です。

やり方は簡単!!

まず座席に浅く座り、上体を真っすぐにします。

そのまま、右手を左膝の外側に、左手でバランスをとりながら、左方向へ腰をひねっていきます。ジワッと腰が伸びたら、反対側も行うようにしましょう。

以上です。

簡単ですよね・・・!?

呼吸は、腰を左右にひねるタイミングで、息を吐くようにしましょう。

このストレッチをすると、なぜ腰の凝りを和らげることができるのか?

それは、凝り固まった腰を動かすことで、血行が良くなるからです。

ただ座っているだけなのに・・・なぜ腰が凝るのか?

と思いますよね。

その主な原因は、同じ態勢がずっ~と続くからです。

重力の働いている地球上では、

筋肉は常に姿勢を保つために働いています。

そのため、座っていても筋肉が疲れてしまい、腰が凝り固まってしまうのです

では、どうすれば和らげることができるのか?

それは、腰回りの筋肉を動かすこと!!

大きく体を動かすことのできない機内の座席では、その場でできるストレッチが有効です。

こまめにトイレに行くなどして立ち上がったりするのも、もちろん効果的です。

ただ、凝りが強い場合は、ストレッチで筋肉の緊張を取り除く方が早いです。

狭い機内で頻繁に歩き回ると他の人の迷惑になる場合もあるので、

ここでは、あなたの座席のスペース内でもできるものを考えてみました。

座ったままで、腰をひねるだけで・・・

凝り固まった腰回りが軽くなり、血が通っていくのが実感できると思います。

今回の動画は、

普通の椅子を利用して撮影しています。

そのため、

実際に乗る飛行機の座席の質感や背もたれの微妙な角度、幅などが

イメージしづらいと思いますが、

私が実際に機内でやったことで、

効果的に感じたものをお伝えしています!!

ぜひ、自宅で実践し、このストレッチの方法をマスターしてください!!

そして、機内では忘れずに行うようにしましょう。

そうすれば、

つら~い腰痛ともおさらばでき、あなたがより快適なフライト時間を過ごせるようになりますよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。