たった1つで変わる!長いデスクワークでも疲れないケアの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンピックの開会式の様子

「あなたの心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

『開会式 選手の負担に配慮を』(朝日新聞デジタル)

⇒ http://www.asahi.com/articles/DA3S12476040.html

長野五輪金メダリスト、清水宏保選手のコラム

清水選手は、4度のオリンピック出場ながら、

開会式に参加したのは、長野オリンピックの一度だけ。

それは・・・なぜか?

選手として開会式に参加するリスクがあるからです。

・入場するまで、2.3時間待つ

・入場してから、イベントを最後まで見守る

・退場後も、長蛇の列にならんで、やっとバスに乗り、選手村へ帰れる

つまり、

同じ姿勢で長時間すごすことで、心身ともに疲れてしまうのだそうです。

開会式を楽しんでいる選手たちを見ていると、

そんな裏の面があるなんて思わなかったですが・・・

この記事から、

わたしたちが学ぶことは、こうです。

デスクワークの間でも、

所々で、

細めに歩いたり、体を動かすこと!!

同じ姿勢でデスクワークが続くと、

からだが鈍り、血流が悪くなるので、

頭の回転が下がるからです。

ただ、開会式にでるメリットもあるのだとか。

それは、大勢の観客のなか

「オリンピックがはじまったぁ~!」

という緊張感が感じられること。

これだけ多くの視線を感じながらの入場によって、

普段にはない、本番さながらの緊張感を味わうことができ、

実際での試合の場面で、

どう緊張を力にできるのか、

心の持ち方をイメージできることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。