竹ぽっくりの遊び方を工夫して、効果のある運動に変えてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竹ぽっくりをご存知でしょうか!?

コレです↓↓↓

竹ぽっくりの遊び方を説明する画像

この竹ぽっくりは、実際に私が作ったものです。

竹ぽっくりは、竹の節からちょっとだけスペースを空けたところを切り、その節目の数センチ下に穴を開けてヒモを通せば出来上がりです。ハッキリ言って・・・簡単です!!そんでもって、こんなに簡単に作ることのできる竹ぽっくりは、工夫をすれば運動効果のある”遊び”だということも分かりました。

なぜそんなに運動の効果があるのか?? 

その理由については、動画で解説してます。

効果のヒミツは、一言でいうと、竹の上という限られたスペースでちゃんと立とうとすることにあります。

竹ぽっくりにのって遊ぶ運動効果は・・・

・ふくらはぎの引き締め・むくみ予防

・太もものシェイプアップ

・ヒップアップ

・ぽっこりお腹を撃退

・骨盤調整

細かいコトを言えばもっともっと色々とありますが、分かりやすい所でいうと、こんな所です。

ではでは、竹ぽっくりで遊びながら運動していきましょう!!

ぽっこりお腹を撃退!

竹ぽっくりで歩くだけで、様々な運動効果がありますが、歩く際に膝をもう少し高く持ち上げようと意識するだけで、お腹への刺激が劇的に変わります。バランスをとろうと、お腹の筋肉がいっぱい活動してくれるからです。

ヒップアップするには・・・

ヒップアップを目的とする場合、「普通に歩くときも大股で歩きましょう!」とよく言いますよね。大股で歩くと・・・

大股で歩く事は通常の歩行時と比べて約1.2倍のカロリー消費が増えることが確認されています。

大股歩きで効果的なダイエット/ウォーキング歩幅の測り方と計算方法より)

歩幅が増えれば、それだけ下半身の動きが大きくなります。可動範囲と言いますが、動きが大きくなればそれだけ普段意識しないような筋肉も活発に働きだしていくのです。その一つがヒップです。

今度、歩いている時に自分のヒップを触ってみてくださいね。足が地面に着地した時にヒップが硬くなるのが分かると思います。

骨盤調整にもなっちゃう!?

竹ぽっくりで歩くコツは、小股で歩くことです。もう少し言うと、前にだす脚の膝を軽く曲げて、地面から足を浮かしながら進んでいきます。それをココではちょっとだけ動きを変えてみましょう。それは・・「膝を曲げずに足を前に送り出す」のです。当然、膝より下の動きが制限されるので、意識しなくても骨盤をいっぱい動かすことになります。

では、どうしてこの動きが骨盤調整になるのか??

それは、普段あまり骨盤を意識して動かしていない場合、まずは”動かす”だけでも十分な調整になるのです。

躓きやすくなるので注意は必要です。

番外編・・・「走ってみました(笑)」

転ばないように、そして足首を捻らないように注意してくださいね・・・。

まとめ

竹ぽっくりは、まずそれに乗るだけで、十分な”バランス運動”になります。歩かなくてもです。竹ぽっくりの上で足裏が全部乗らない状態で立つことで、普段はいかに足裏を意識して歩いていないかが分かると思います。

そして、少し慣れたら歩いてみましょう。動かすともっともっと運動が複雑になることを実感できるはずです。手と足が一緒にうまい具合に協力し合ってくれないと、エライことになります(笑)。

せっかく覚えた英単語ですが、使わなければすぐに忘れてしまうのと一緒で、からだを動かすことだって全く何も意識せずにいると、どんどん動かなくなってしまいます。

だから・・・

遊びながら色々と身体を動かすことが大切なんですよ。

今どきの竹ぽっくりはコレ。足を乗せる所に滑り止めがあるし、地面につくところが広くなっているので、安定感がグッと増します。

それでもやっぱり竹ぽっくりは「”竹”でしょ」と思っている方は、こちらで挑戦してみよう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。