活性酸素を減らすエクササイズとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

活性酸素で細胞が活性化したイメージ

目標を達成するために、

「あなたの心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」をコンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

 

「活性酸素」

名前は知っているけど、

実際なんなのか?

あんまりピンとこない方も

多いのではないでしょうか。

簡単にいうと、

“活発な酸素”です(笑)。

「おいおいそのままじゃん。」

と思わないでくださいね。

活性酸素は、

酸化させる力が非常に強力な、「酸素」なのです。

だから、活性!!

なので、これはこれで、

人間にとっては必要なもの。

活性酸素のおかげで、

わたしたちの身体を守ってくれるのです。

例えば、

からだに入り込んできた細菌類を駆除したり

細胞の健康を保ったりと。

酵素のはたらきを助けるとも言われてます。

そうなんですよ。

悪者のイメージしかない活性酸素ですが、

実は、その量が増えすぎると問題になるわけです。

ふつうは、あなたが取り入れた酸素のうち

約2%活性酸素になるといわれてます。

しかし、

それよりも、割合が増えてしまうと、

強力なゆえに、過剰に体のなかで働き、

それがかえって害になるわけです。

お肌のトラブルなどが代表的ですが、

老化や病気になりやすくなるのも、

活性酸素が、細胞を傷つけてしまうからなんですね。

じゃあ、

どうすればいいのか??

バランスよい食生活やしっかりと睡眠をとることは、

もちろん大切なのですが、

脳の酸化をふせぐためには、

1日の中で、ウォーキング30分が有効なんです!!

「30分・・!?」

はい。これはトータルでも構いません。

5分を6回でも、10分を3回でも。

思いつく場面をイメージしてみるとよいと思います。

ジョギングの場合は、1.6キロぐらいが適量です。

激しすぎる運動は、逆効果にもなるので、

気軽にできる範囲と覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。