基礎体力をつけるための方法と考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたの心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

基礎体力がつくと、

1.疲れにくくなります。

2.長く持つようになります。

3.風邪を引きにくくなります。

要するに、

基礎体力がつくと、

元気になり、活動的になり、免疫力がUPするわけです。

では、どうすればいいのか・・・?

答えは、簡単。

今までよりも、0.1でもいいから、たくさん体を動かしましょう!!

・歩数を増やす

・タクシーを一回やめて、電車に乗る

・エスカレーターより、階段を選ぶ

・1回だけスクワットをやってみる

・大股で歩いてみる

・よく立つようにする

そんな感じです。

で、

ここでものすごく大事なことがあります。

それは、

これらをちゃ~んと記録しておくことです。

今日の歩数はいくつか?

何回、階段を使えたのか?

タクシーを何度、やめることができたか?

そして、ポイントがもう一つ!!

必ず、そこに感想をつけてください。

「前と比べて、ラクになった」

「何だか、楽しくなってきた」

「今までと考え方が変わってきて嬉しい」

など、特に感情面をいれるようにしましょう。

変化がみえることで、成長や効果が実感できるので、

続きやすくなります。

そして、ビフォー・アフターを意識するのもgood!!です。

また、そこに

感情が入っていくと、脳に記憶されやすくなるんですよ。

ですから、最初のうちから

張り切りすぎて、からだを動かすのが

マイナスの感情にならないように気をつけてください。

それはそれで、

嫌な記憶としてインプットされてしまうからです。

基礎体力をつけるというのは

本来、それ自体がゴールではありません

ゴールは、体力をつけて

あなたが、どんな生活をしていたいのか?

です。

体力をつけることを目的とせず、

ゴールのための手段として、やろうとすれば

それだけで何だか楽しくなっていくはずです。

(アイキャッチ画像出典元:http://jigen.tokyo/article?id=20543

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。