筋トレのモチベーションを上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦で運動を楽しんでいる様子

あなたの目標を達成するための、

「心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」をコンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

スポーツクラブにて、

あるお客様とお話しをしているなかで、

こんなことを言われました。

「動けなくなったので、テニスを止めた!!」

わたしが昔からよく知るお客様で、

テニスがほんとうに大好きだったのを知っていたので、

とても残念に思いました・・・。

年齢は80歳

大好きなテニスを止めたので、

トレーニングに対する“やる気”がなくなっている様子でした。

もう、年齢もそれなりなのですから、

無理するべきではないのでは・・?

という声が聞こえてきそうですが、

ここでのポイントは、

そういったことではありません。

動けなくなった理由について

考えるべきなのです。

で、

わたしは会話の中で、ある一つのキーワードに

着目しました。

「いつも同じ運動しかしていませんでした・・」

私たちの身体は、

30才ぐらいから、年に1%ずつ筋肉量が落ちていきます

つまり、

同じことをしていれば、

いずれ動けなくなっていくのです。

ホントです。

やはり、

運動も、筋トレも少しずつできる回数を増やしたり、

負荷をあげたり、変化をしていかないと、ダメなんです。

衰えていくのは、みな平等。

だからこそ、

できるかぎり*「貯筋」をしていくことが大切なんです。

そのお客様には、

いきなり、テニスを再開するのは難しいと思ったので、

「卓球でも、バドミントンでも、水泳でも何でもよいので、できそうなスポーツをしましょう!」

とお話しをしました。

スポーツをすると、目標ができるので、

トレーニングをする目的が生まれ、モチベーションがあがるからです。

少しずつ自信がでてきたら、

もう一度、テニスをはじめられるよう、

お話してみようと思います。

*筋トレをして、

 筋肉量をできるだけ増やすこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。