アスリートに学ぶ!ベストな体調のつくり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大相撲九州場所で優勝した鶴竜

あなたの目標を達成するための、

「心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

先日の大相撲九州場所で優勝を飾った

横綱”鶴竜”

2年前の2014年、同じ九州場所のこと。

悔しい思い出がある。

10連勝でスタートダッシュするも

11日目に稀勢の里に負け、さらに、風邪をひき体調を崩してしまったため

優勝を逃してしまった!!

この悪夢のような痛い経験は、

今場所の鶴竜の行動を変えたのです。

それは、

常にベストな体調で、取り組みを迎えられるようにするため

意識的な行動です。

それは、一体どんな特別な対策をしているのか・・・?

と興味をもつかと思いますが、

その内容は、いたって一般的なもの

例えば、

・空気清浄洗浄機をどこにでも持っていく

(風邪予防としての空気管理)

・体重計に毎日、何度も乗り、155キロにキープできているかを確認

(一番からだのキレがでる体重をキープ。特にアスリートは体重が落ちやすい)

・冷たいものを飲まない。

・お酒も、焼酎のお湯割りにする(笑)

(腸を冷やすと体調が崩れやすいので、風邪対策)

など。

これらを見て、

「なるほどぉ~!こんなことで変わるんだぁ」

と思いませんかぁ?

そうなんです。

当たり前と思うようなことを、本当に意識するか?しないか?

で変わるということです。

特に外気温が下がってくる季節。

お腹を冷やさないよう、

飲み物は、*冷たいものは

(*感覚的に不快感のない冷たさが良い)

飲まないようにしたり、

バナナやパイナップルなど、

南国育ちの果物などを避け、

体を温める根菜類を食べるなど

工夫をすることが大切です。

いずれにしても、

・体重が何キロであるか?

・体温が何度であるか?

・何時間睡眠をとったか?

など、

あなたが、

ベストな体調のときは、どんな状況や状態であるのかを知り、

普段から

できる限り、そこに近づけるよう

意識するところからはじめていくようにしましょう!!

そうすれば、

徐々により精度の高い方法を見出せるようになっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。