セルフでできる腰痛対策!自分のからだを大切にする習慣とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛対策は自分の身体と向き合う事

あなたの目標を達成するための、

「心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

わたしは、”腰痛持ち”です。

特に、痛みが増したのは、今年の夏。

トライアスロンのためのバイク練習をするようになってからです。

しかし、

バイクをしばらく乗らなくなっても、

腰痛が続いていました・・・。

腰痛の原因は、

・病的なこと

・筋肉の弱さやアンバランス

・筋肉の硬さ

・内臓器官の疲れや異常

・姿勢(座る、歩くなど全て)

・からだの使い方

・メンタル面

・寒さや湿度などの環境面

など、

多種多様で、個人差も多くあるのが特徴です。

ということで、

私なりに改善策を色々と考え、試してみました。

その結果、

大きく言うと、姿勢に問題があることがわかりました。

デスクワークの際に、

いつも良い姿勢をキープしようと、

過剰に腰を反る姿勢になっていることがわかったのです。

過剰にということは、

いらない力が余計にかかっていることになり、

それだけ筋肉が疲れやすくなってしまいます。

ですから、今では、どんな時でも、

姿勢を意識して腰が反り過ぎないように気をつけながら過ごすようになり、

痛みの改善が見えるようになりました。

理想の姿勢とは、重力に調和することです。

つまり、

できる限り重力に対し、真っ直ぐでいることがポイント!!

まず立ったときに、どこに体重が乗っているのかで見分けていきます。

・つま先なのか?

・それとも踵なのか?

・左右で違うのか?

などです。

ここでは、両足が同じぐらいの圧で、

足裏全体に乗っている感じがベストです。

つまり、安定したポジションに重心を移動させることによって

バランスのよい姿勢をつくっていくのです。

『立つ、座る、歩く』

こういった私たちの基本動作に目を向けて、

見直すことも大切なんですよ。

大事なことは、

・どんなときに痛みが増すのか?

・どんなことをすると良くないのか?

まずは、からだの声に耳を傾けること。

そして、

自分のからだを労ってあげるように、からだに触れることで、

そのサインが聞こえるようになってくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。