1週間の溜まった疲れをとる休日の過ごし方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたの心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

私がおすすめしている

1週間の溜まった疲労をとる休日の時間の使い方は、

『運動をする』

です。

スポーツトレーニングの専門用語でいうと、

“アクティブレスト”と言いますが、

要するに、

積極的にからだを動かすことで疲労をとろう!!

ということです。

「え~、こっちは疲れてるんだから休ませてよぉ~」

という声が聞こえてきそうですが、

ダラダラと休んでいるよりも、

逆にからだを動かした方が、疲れがパッと、とれるんですよ!!

それは、なぜかというと、

血流です。

わたしたちの疲労物質は、血液によって外に排出されます。

なので、

運動で、筋肉をうごかし

筋肉の伸び縮みを利用したポンプ作用によって

血液の循環がよくなっていくのです

結果、

疲労物質が、どんどん外に出ていってくれるというわけ。

もちろん、

すでにあなたもお分かりのように、

からだを動かせば、スカッとするので、精神的な疲れだってとれるんですよ。

運動は、ウォーキングで十分!!

外の景色でもみながら、

10分ぐらい近所をお散歩してみてはいかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。