ネット依存から脱してムダな時間を減らす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット依存になっている若者

「あなたの心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

「ネットの使い過ぎで、生活に支障がでている」

と、治療の対象だという、

“ネット依存”

あなたは、大丈夫ですか・・!?

 

・ネットに心を奪われたりしていませんか?

・ネットをつかう時間を制限しようとしたが、失敗に終わってませんか?

・ネットを制限すると、イライラしてしまいませんか?

・不安などから解放される方法としてネットをつかっていませんか?

・ネットをつかう時間を長くしないと気がすまなくなっていませんか?

など、

いくつかある項目で、

該当数が多ければ多いほど、依存の疑いがあるそうです。

病気とはいわないまでも、ネットに流された生活をしていると、

スケジュール管理ができなくなり、タスクが全く片付かなくなったり

目が疲れ、姿勢が崩れやすくなるので、

からだに不調をきたしてしまいます

というわたしも、

実は、ネット依存に半分浸かっている状態でした(笑)。

わたしは、

制限しようとしても失敗に終わってしまった派です。。。

どうしても、暇な時間があるとネットを開いては、

特にFacebookを開いては、タイムラインをスクロールしてました。

最初のうちは、その行動すらも気づかなかったのですが、

いつもなんとなく、IPhoneを手に取る自分がいました。

「これは、マズいぞ・・」

よ~く考えてみると、目的のないときに、

いじっていることがわかりました。

「そうかぁ」

どうやら思考が飛びまくっているときが、

一番危ういんだ。

ということで・・・

その時から、これだけを意識しています。

『何かを調べようと思ったときにだけ、その情報を得るという目的でネットを開く!!』

ネット依存を防ぐポイントの一つに、

「受け身で情報がながれてくる状態を改めること」

があります。

そして、私の場合はもう一つ。

思考を飛ばさぬよう、

「今に集中する」

日々のメンタルトレーニングをすることなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。