各メーカーの足型測定器の特徴を知り比較してあなたに合ったウォーキングシューズを選ぼう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそもなぜ?足型を測定した方が良いのでしょうか??

答えは簡単!!

「あなたに合ったシューズを選ぶため」

です。

あなたの足の特徴にマッチしたシューズを選ぶことで、身体への負担が減り怪我の予防になり、何と言ってもシューズが長持ちします。

客観的なデータによってシューズを選べば安心ですよね!!

今回は、実際に池袋西武で行われていたイベント(アサヒ、ムーンスター、ミズノ、アシックスの4つのメーカー)で私が足型・足圧測定を体験して感じたことから、あなたに合ったシューズを選ぶポイントについて、まとめていきます。

アサヒシューズ

【足裏のデジタル撮影で、リアル性を追究】

アサヒシューズ、足型測定、アーチ、シューズ選び

<特徴>

・デジタルで撮影された映像を基にしたデータになるので、よりリアル感がある

・そのリアル画像は、さまざまな角度から分析してくれている

・測定用紙に一番お金をかけている(笑)

■こんな方におすすめ■

初めて足型測定をする人

アサヒシューズ、ASAHI、デジタル撮影、足裏、足型測定

画像をみてもお分かりだと思いますが、色分けすることで、かなりリアルな足裏の形が見えてきます。

私の足裏の特徴は、左脚の土踏まずの面が少ないのですが、それも色合いによってパッと見分けることができました!!

「うんうん。わかりやすい!!」

ただし・・・

一つ言えることは、足の甲の高さなど、足の立体的な構造を実際に測定しているわけではない(あくまでも推測値)ので、足囲(足幅と足の高さを含めた周囲の長さ)のデータ結果にからみるおすすめのシューズの推奨サイズに、やや信頼性の欠ける部分があるのでは?と思いました。

※詳しい測定について

ムーンスター

【足のサイズを正確に調べてくれます】

ムーンスター、足型測定、かけっこ教室

<特徴>

・測定の評価が簡単でわかりやすい

・家族や友達同士でも、簡単に足型を計測できるポイントを教えてくれる

・接客スタッフが4つの業者の中で一番疲れていた笑(私が本日71人目の測定者)

■こんな方におすすめ■

足型測定に興味があって、自分でもやってみたいと思っている人

ムーンスターの足型測定、簡単、簡便、誰でもできる、かけっこ

足の長さ(縦)と足幅(横)を光学的に計測し、足の周囲サイズをそれらのデータを基に統計的に出しているようです。

入力するだけで足のサイズが自動計測されます。ぜひお試しになってください!!

今回のような測定会が頻繁に、しかも、わかりやすい場所で開催されていれば良いのですが、そんなことはありませんよね。そんな時に、今すぐ自分でも簡単に測定できるのが大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

「難しいことはわからなくても、できることからやってみよう!!」

それが、ムーンスターの大きな”売り”なのです。

ミズノ

【足裏にかかる圧力を測定】

ランニングシューズ、ウォーキングシューズ、国産メーカー、ミズノ、足圧測定

<特徴>

・立った時の足の圧力によって、特徴やクセがわかる

・足の形や構造よりも、普段の立ち方や歩き方などの動きにフォーカスしている

・足裏のどこに自分の重心があるのか?左右の足ともにわかる

■こんな方におすすめ■

”立ち方”を含めた、普段のクセを知りたい人

ミズノ、インソール工房、足圧測定、圧力、足の障害

ミズノの測定では、「立ち方」にかなり細かい指示がありました。

「普段のイメージで、そのまま数歩、その場歩きをしてから立ってください!」

何でこんなに細かい指示を出すのか?

その理由は、

”普段の生活”そのものや、”クセ”などを見極めたいからです。

測定というと、ついつい正しい姿勢を意識したり、日常とはかけ離れた状態になってしまいがちです。それでは、あなたの本当の姿が霞んでしまうので、最終的にあまり良い情報を得ることができなくなります。

ミズノでは、足にかかる圧力から、こういったクセなどから見える動きの特徴を見ていきます。

で、怪我や障害を防ぐためにはどんなシューズを選ぶことが望ましいのか?悪いクセがあった場合、どうすればそのクセが痛みにつながらないようになるのか?そんな所まで突っ込んで分析してくれました。

私の測定結果は、指に圧力をかけることができていない「浮き指タイプ」だということがわかりました。その原因は、いつも足の長さの合っていない外国産メーカーのシューズを履いていることだと指摘されました。アディダスをよく履いている私は、内心ドキドキでした(笑)。

「なるほどぉ~」が続く解説。

特に、足まわりや膝などに不安を抱えているという方におすすめです!!

ミズノの測定機器についてはこちら

ミズノ公式オンラインショップ

アシックス

【足の特徴を詳しく分析】

アシックス、足型測定、足底測定、ウォーキングシューズ、ランニングシューズ

<特徴>

・3次元の計測によって、かなり実測に近い測定結果が出ること

・バランスよい総合的な分析力

・スタッフがとにかくシューズ好き(笑)

■こんな方におすすめ■

足の構造について、詳しく知りたいと思っている人

実測に近い測定値(推測ではない数値)を可能にするのは、測定前にちょっとした一手間があるからです。

それがこちら・・・

アシックス、足型測定、足底測定

実際に骨を触って、ポイントとなる骨の位置に青いマークをつけていきます。「舟状骨」という骨にマークをすることで、より正確にアーチの構造がわかるそうです。

アシックスの測定は、3次元による計測なので、他のメーカーにはない正確な足の周囲サイズが計測できるのも大きな特徴です。この実測値によっておすすめのシューズを選んでくれます。

そして、もう一つの特徴は、下の画像の右下に記載されている「かかとの傾斜角度」です。

アシックス、asics、3次元、足型測定、足裏測定、データ

踵がどの方向へどれぐらい傾いているかによって、立体的な足の構造や今後起きる可能性のある足の”痛み”について予想が立てられるからです。

アシックスの測定は、「自分は、どんな足の構造をしているのだろう?」とより深く興味のある方におすすめです!!

そして、何よりも靴好きのスタッフ(人にもよりますが)に色々と教えてもらえるので、今までシューズに全く注目してこなかった方でも、あなた自身のシューズ選びにもっともっと興味・関心が増してくるはずです。

アシックスオンラインストア/期間限定☆送料無料

まとめ

これまで、私が体験してきた4つのメーカーの足型測定器について、簡単にそれぞれの特徴をお話してきましたが、いかがだったでしょうか??

特に、私が強調したいことは、

どのメーカーにも、それぞれに特徴があり、測定自体そのどれもが重要で、正しい測定なのです。

ですから、「初めてだけど、測定をやってみたい!」と思っている方は、ハッキリいってどれでも良いと思います。そしてこの先、ウォーキングやランニングを続けてみて、あなたの「もっと○○したい!!」という希望が出てきたら、その段階で各メーカーの特徴をじっくり比較してみることです。

「じゃあ、結論が出ないってこと??」

いえいえ、そうではありません。まずは、「難しいことはおいといて、やってみる!!」ことが大事だってことですよ。

考えている間に、比較している間に「まぁいいっかぁ」にならないように、まずは体験してみることです。

最後にもう一つ。ちょっと注意点。

私たちの気分やココロの状態が変化するように、ちょっとした意識や言葉がけによって、姿勢、体重のかけ方や立ち方が変わっていきます。つまり、それだけで測定のデータがかなり変化するということです。ですから、測定結果ばかりを頼りにするのではなく、あくまでも選択肢の中の一つの要素だと考えるようにしてください。

意外にも、試し履きしたときの「感覚」が大事だったりするんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。