リニューアルしたザバス(SAVAS)のプロテインシェイカーはココがおすすめ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前の記事にも書きましたが、2015年5月31日にJATI-日本トレーニング指導者協会の総会・研修会&講演会に参加してきました。その会で頂いた参加賞が、な・なんと・・・こちら↓↓↓

 ザバス(Savas)プロテインシェイカーのリニューアル版

「 あ・・・ありがとうございますっ( ̄▽ ̄;)」

ちゃんと”JATI”のロゴが入っているプロテインシェイカー。もちろん、限定モデルです(笑)。

そして・・・「ん??」何か以前の形と違うんじゃないないの?

ザバスのプロテインシェイカーの形が変化

 「きっとこの形になったヒミツがあるに違いない!!」

早速、私はブースに行きまして、VAAMについて詳しく聞いた株式会社明治の営業担当者にまたもや根ほりぐらい、そのヒミツについて伺ってきました笑。

それでは、ザバス(SAVAS)プロテインシェイカーのリニューアルしたポイントについてお話していきます!!

 スリムになって帰ってきました!!

リニューアルしたザバス(SAVAS)のプロテインシェイカーは、かなりスタイル良くなっています。

リニューアルしたモデルのちゃんとした形がわかるかな?

なぜ?この形にしたのか??

それは、プロテインを愛用している株式会社明治の方(詳しくは忘れてしまいました・・・)だったそうで、プロテインをシェイカーを使って飲んだ後、ちゃんと手で洗いやすいように設計しているのだとか。結構多くの方が、粉が溶けきらずに、残ってこびりついたプロテインを取り除いたり洗ったりするのに苦労した経験があるはずです。(その内の一人が私です・・・笑)

その課題を取り除くために、スリムな形になったのです!!

 身長が高くなって帰ってきました!!

これを見れば、一目瞭然。

ザバス(SAVAS)のプロテインシェイカーの違い

この高さの違いにも、もちろんヒミツがあります。それも2つです!!

①たくさんの量が入ること

以前のザバス(SAVAS)プロテインシェイカーは400mlですが、リニューアルしたシェイカーは500mlも入ります。スリムになった分、入る量は変わらないのかと思いましたが、100mlも違うんですね。

たくさんの量が入れば何が良いのか??

それは単純に多くの量のプロテイン(粉)を入れることも可能になりますし、それを溶かす水分の量を多くすることができるので、より味の調節ができるようになります。

②プロテイン(粉)が溶けやすい

どういうこと!?かと言うと、シェイカーの高さがある分、振り幅が広がるからだそうです。

「確かに・・・納得」

 構造改革をして帰ってきました!!

まずは、この両者の構造を比べてみましょう。

①こちらが以前のプロテインシェイカー

以前のザバス(SAVAS)のプロテインシェイカーの構造

②そして、リニューアルしたプロテインシェイカー

リニューアルしたザバス(SAVAS)のプロテインシェイカーの構造

明らかに、ミゾの構造が違いますよね!

圧倒的に・・・蓋が閉めやすく、しかもちゃんと閉まるようになりました。

あなたも以前、こんな失敗・・ありませんでしたか??

私はいつもプロテインをシェイクする時こんなんでした。

その原因は、ミゾが浅いというのもありますが、シェイカー自体の形が直線的なので、持ち方によってはシェイカーがすぐ歪んでしまい蓋とミゾが合わなくなってしまったのだと思います。(これは私の見解)

ほら見てください!!リニューアル版を。

特別、力をギュッと入れて閉めるようとしているわけではないですが、以前のプロテインシェイカーと比べても、簡単に蓋が閉まり「水漏れ」しなくなっています。

「らくちん!!」

まとめ

ということで、以前のプロテインシェイカーに比べて、現在販売中のシェイカーは、はるかに質・量ともに優れたモノに生まれ変わったことが分かったと思います。間違いなく進化しつづけていますよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。