習慣化するのは簡単とは言いません。でも、そのコツがわかればあなたも変わるはずですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しいことは続けられるのに、ヤダなぁと思っているようなことはなかなか続かない・・・・ですよね?

”習慣化する”というのは、口で言っているほど簡単ではありません。でも・・・習慣が大切なこともよくわかっている。そんな方が少なくないはずです。私もその一人です。

意識せずとも自然にやっていること、やらないと気持ち悪いと思っていること、やろうと思えばできること、やりたいと思っていてもなかなかできないことなど色々あると思いますが、『習慣』とは、特に気合いを入れて「よし!やろう!!」と思わなくても、自然とできてしまうことです。

やりたくても、なかなかできない『○○習慣』

それができるようになるためにはどうすればいいのでしょうか??

今回は、こちらのセミナーで私が実際に学んできたことを踏まえて、そのポイントについてお話します!!

これをマスターすれば、英語や資格の勉強だって、読書だって、掃除や片づけだって、それこそ運動やダイエットだって何だってできちゃいますよ。(←言い過ぎではありません・・・)

習慣化するとは・・!?

習慣化するというのは、気合いを入れるものではないことは前に触れました。気合いでは一時は頑張れたとしても、長続きできないからです。ダイエットもそうですよね。

習慣化するというのは、一言でいうと『行動を自動化する』というのが大切です。「なに?それ・・!?」それは、あなたが「○○したい!」と思っている行動を”仕組み”にするということです。寝る前に歯を磨く、朝起きたらまず顔を洗う、食事後にトイレにいく、みたいなものです。これらは特に意識せずとも毎日のように自動的に動いていますよね(個人差あり)??つまり、あなたの中で自動的にタイマーをセットするように”仕組み”になっているからこそ、その行動ができるのです。

では、どうすれば行動を仕組みにできる?

簡単な分析をしましょう!

それは、あなたが今すでに”できている習慣”についての分析です。

例えば、先ほどの”歯磨き”でお話ししますね。

歯磨きをしないと気持ち悪いと思っている人がいたとします。その人はいつも夜寝る前に、鏡のある洗面台の前で、パジャマに着替えてから、歯磨きをするとしましょう。毎晩ですよ。

その「歯を磨く」ということが、どんな条件で行動できるのかをみてみると・・・こう分けることができると思います。

①どんな時(タイミング)に、

②どんな場所で、

③どんな環境で行っている、

です。(←条件は人によって変わります)

つまり、

その人が、なかなかできていない習慣があったとして、それを「習慣化」させるためには、この3つの条件を揃えることを考えるのです。

読書を習慣にしたければ、『夜の22時に、自分の机で、好きなBGMをかけながら』みたいな感じです。

もう一つ例をだしてみますね。

「私は早起きが苦手だとします。でも、サーフィンをする時だけは早起きができるとしましょう」。ここでこう考えます。私は早起きが苦手なのに、勉強をしようと思って早起きしようと思っても全然できないのに、「なぜ?サーフィンの時は、早起きができるのだろう??」って。

実は、そこにはちゃんと理由がありました。サーフィンで早起きする理由は、①中途半端な時間に起きて海に行こうとすると、渋滞にハマる、②波の条件が、日中に比べて明け方や日が沈む時間帯の方が良い、③早い時間であればあるほど、サーフィンしている人が少ない、などです。

つまり、サーフィンを”より楽しむ”ために、そして”イヤな事を避ける”ために早起きするのです。

ということは、もっともっと楽しいことだったり、良いと思える(効果のある)ことをつくっていけば、普段も早起きできるようになるのでは・・・!?と考えていくのです。

じゃあ・・楽しいことって??

朝早い時間だからこそ楽しいTV番組が観られる、朝焼けや空の写真を撮る、まだ誰も起きていない静かな空気感の中で「フゥ~」と深呼吸をしても良いでしょう。「そんなの楽しくないよぉ・・・」というのであれば、あなたの大好きな事を朝の時間に回したりするのでもいいです。あなたがテンションの上がることを朝という時間に見つけていくのです。

もう一度繰り返します。

行動を仕組みにするためには、もうすでにあなたができている行動の隠されている条件について知ることが大切です。

習慣をつくるヒント

◎「0→0.01」

これは、何を示してると思いますか??

この意味は、”とりあえず動き出そう!!”ということです。”1”までいかなくてもいい、“0.1”でもなく”0.01”でも良いので、やってみようということです。

その時に決まってある疑問点とは、こうです。「何をすればいいのかわからない・・・どうすればいいの?」

その答えは、簡単にいうと、何でもいいんです。まずはこうかなぁ?と思っていることをやってみるのです。ついついやってしまいがちなのは、いきなり最初から100点の行動をとろうとしてしまうことです。それまでは準備をしっかりしないとみたいな考え方です。

しかし、それでは行動の敷居がグ~ンと上がってしまい、スタートを切ることすらなかなかできません。実は脳の機能では、その行動自体が10点であろうと100点であろうと、その程度についてはちゃんと区別ができないと言われています。要は、どれだけのことをしたのか?というのではなく、「やったのか?やってないのか??」が評価されるということです。

◎現状維持メカニズムにバレないように・・・

脳の働きとして、”今のままが楽でイイよね”という「現状維持」を促すしくみがあると言われています。これが三日坊主の正体といわれていますが、急に今までとは違うことをはじめると、「あれっ!?おかしなことをやってるな・・」と脳が認識して、「そんなことをするのは止めようよ!!」という風にセンサーが働きだしてしまうのです。急にダイエットをすると、ある一定の段階で、だんだん痩せにくくなるというのはこのメカニズムがあるからです。身体の中では、「おかしいぞぉ。どうなってるんだぁ・・!?」と、もう防御反応がでまくっているわけです。

だから、そうならないように・・・

現状維持メカニズムにバレないように、ちょっとずつ変化していくようにするのです。例えばです。早起き習慣を身につけたいとしますよね。いつも9時に起きている人がいて、毎朝7時に起きたいという願望があるとします。そうしたら、いきなり7時に起きようとするのではなくて、明日は8時55分、明後日は8時50分というふうに毎日5分づつ起きる時間を早めていくといったようなことです。そうすれば、現状維持メカニズムのセンサーにバレることなく、何も邪魔されずに、だんだんと目標時間に到達できるようになっていくのです。

◎楽しんだもの勝ち

こんな言葉があります。

「努力している者でも、楽しんでいる者には敵わない」

天才家は努力している人には敵わないという言葉もありますが、その努力家を超えるのは『楽しむ人達』です。楽しいと思っていることは、誰が何と言おうとも止めることはできないですから、この意味はわかりますよね。

でも・・・

どうすれば楽しむことができるようになるか!?がわからないから苦労するわけです。そんな時はこうしましょう。

①自問自答する

②楽しいと思える動きをつくる

■①自問自答する

何か小難しいことを言っているようですが、何てことはありません。その行動に対して、「これは私にとって楽しいことは何なのだろうか??」と自分自身に問いかけてみることです。あなたがランニングをしているとしましょう。しかし、それが未だに「やらなければならない」という責任の下に行動しているのであれば問題です。習慣にはならないでしょう。だから、こう問いかけるのです。「ランニングって何が楽しい!?」って。だんだん痩せていくから楽しい、体力がついて仕事がはかどる様になるから楽しい、色んな人と出逢えるから楽しい、ランニングの後のビールが美味いから楽しい、その答えは人それぞれだと思いますが、そこにあなたらしい”楽しみ”を見つけることができれば、いずれ『責任→楽しい』に変わっていくはずです。

■②楽しいと思える動きをつくる

これは、楽しいという思いを何かの動きだったり、姿勢をつくったりと”からだの動き”で表現することです。楽しいお話しをしている時に、キャッキャして手を叩いている人を見かけたりしますよね?アレですよ。楽しいことなのに、「楽しいね・・・。」と暗い顔して下を向いている人っていますか!?いませんよね。よく少年サッカーのチームで子供たちが得点を決めたときに、コーチが「もっと喜べぇ~、もっともっと嬉しさを表にだそう!!」なんて言ったりしますが、まさにこういうことですよね。からだで嬉しさや喜びが表現されるようになれば、絶対にゴールしたい!という思いが膨らんでくるはずです。

まとめ

『生活習慣病』という言葉が生まれてから、私たちの中でも習慣が大切であることを頭では理解しているはずです。それなのに・・人は一度身についた”悪い”習慣は続いたとしても、変えたい!やりたい!と思っている習慣をなかなか定着することはできません。

わかっちゃいるけど、できないのですから悔しいわけです。

だからこそ、難しいことは考えずに、まずは「やってみる」ことです。その中で少しでも”楽しみ”を見いだせることができたら儲けものぐらいでいいんです。また、もう少し頭をつかって理論的に考えていきたいのであれば、少しだけ自分を遠くから見つめてみて、客観的にあなたがどんなことだったら行動したり、続けたりできているのかを分析して、そこに出てきた共通項を、あなたがやりたいと思っている事にも同じように当てはめていくのです。

おすすめは、

『5分だけ○○する!!』です。

実は、私もセミナーで話を聴いてから”毎朝5分だけ掃除する”というのをはじめました!!どうも掃除が苦手なものですから・・・(笑)。

たった5分ですが、だんだん部屋がキレイになっていくのを実感できるので、気分がいいですし、達成感があるので、楽しいですよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。