熱海駅から熱海城まで散歩をしたら、今まで見たことのない熱海の絶景に出逢うことができました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年6月21日(日)JR熱海駅から熱海の観光スポットランキングで上位の”熱海城”をめざしてお散歩してきました。「えっ?熱海城まで歩いていけるの?」って思いますよね・・。私自身、この日まで思っていたことでしたが(笑)、断言します!!「歩いていけます!」そして、歩いていくからこそ車やバスではわからない、気づきにくいものを発見することができます。それでは、私があなたを熱海城までご案内します。「・・・??」そうですね。この記事をお読みになってくれた”あなた”は、ぜひ機会をつくって、私と同じようにお散歩してみてくださいね。

熱海の観光名所、熱海城

私の歩いたコースは・・・?

こちらです↓↓↓

名付けて・・『熱海の絶景満喫コース』です。

熱海駅~熱海銀座

熱海駅をスタート!!今日の天候は雨ですが、ハリきっていきましょう。いつも通り歩数※を測ってみますよ。(0歩、PM0:30)

※歩数は、あくまでも参考値です。写真を撮ったり、トイレに寄ったりしています。

JR熱海駅前

雨でも傘いらず。日曜日の今日は激混みでした。お昼時ともあってご飯屋さんの前では、どのお店の前も行列です。

熱海駅前、仲見世名店街

熱海はホントに坂が多い!!雨の日は滑りやすいから足元には気をつけて。

熱海駅からの坂道

坂の途中から臨む”熱海の温泉街”

坂の上から臨む温泉街

ここからの坂はかなり急坂です。ゆっくりゆっくり。

坂を下りきると交差点の角には、京都の宮大工さんたちによって作られたという木造建築の和菓子屋さん(ときわぎ)があります。やわらかい”きび餅”が試食できるそうですよ。熱海銀座通りは、この建物の角を左折します。熱海ときわぎの公式HPはこちら

熱海のお菓子屋、ときわぎ銘菓

バブル期ほどの盛り上がりはなかなか見られない熱海銀座ですが、おしゃれなCafeなど新しい風が吹き始めた感じの銀座通りです。(2348歩、PM0:45)

熱海の銀座通りにある”熱海銀座”

親水公園

熱海銀座をまっすぐ海の方向に歩いていくと、親水公園があります。公園の詳細は熱海市役所のホームページで。

「おっ!!海だぁ」(3051歩、PM0:55)

親水公園の前に広がる相模湾

この公園は地中海北部のリゾート地をイメージして作られたとか。デザインとにかくおしゃれ。潮風に当たりながらのお散歩は最高です。梅雨空のおかげで、デッキに植えられたお花たちが色鮮やかに、生き生きとしてました。 

親水公園の花とリゾートテラス    

親水公園のレインボーデッキ

親水公園から見た熱海城。もうすぐそこ!・・・・ではありませんね(笑)。目的地の熱海城と親水公園

テラス席のあるCafeやベンチもあるので、ここで一呼吸です。トイレも公園内にいくつかありますので安心です。

親水公園は、お花や海を見ながらお散歩するのも良し、ベンチでゆっくりと景色を眺めるのも良し、おしゃれな雰囲気を味わうのも良しです。また、熱海サンビーチ(熱海城とは反対側に位置しています)や恋人の聖地などパワースポット巡りも楽しむことができます。

自分との戦い(笑)

ビーチサイドをそのまま真っ直ぐ歩いていくと熱海港や、熱海城にもつながるロープウェイに行くことができますが、今日はもちろん右折です。

 135号線の分かれ道

可愛らしい庭園

そして、国道135号線を歩きます!!

熱海城へ向けての国道135号線の坂道

熱海城までは自分で登ります。自分との戦いですから(笑)。ロープウェイを横目に見ながら・・・

熱海秘宝館へつながるロープウェイ

車に抜かれながらも、ひたすら登ります。

熱海城までの行き先看板

ここの分かれ道は左へ行きましょう!!車ともお別れです。

熱海城で国道135号線と分かれる道

少し歩くと・・・トンネルが。

熱海城へ向かう途中のトンネル

ただ、その先に未来があることを信じて、歩き続けます!!

ホテルニューアカオまでのトンネル

熱海一番の名勝地「錦ヶ浦」

トンネルを抜けると・・・そこには

今まで観てきた熱海とは、全く違う景勝地があります。(6957歩、PM1:30)

錦ヶ浦自然郷

まさに、絶景!!

熱海、錦ヶ浦の絶景

 熱海の名勝地、錦ヶ浦

 「これはすごい、すごすぎる!!」「言葉がでない・・・」

やっぱり、必ず”ご褒美”があると信じてました・・・(笑)。

それだけではありませんよ。こんな素敵な庭園にも無料で入ることができます!!

熱海、錦崎庭園

トイレにも展望窓があるんです(笑)。15分程ここで寄り道しましたので、PM1:45に再スタート。(7772歩)

ここからがラストスパート!!

さて、熱海城に向けてラストスパートです。最後の上り坂です・・・。

熱海城に向けた上り坂のスタート地点  

のぼってのぼって・・・「よしっ!!」何やら看板が見えるぞぉ。

熱海城へ向かう坂道に看板が

もう一息・・・!! 

熱海城へ向かう最後の坂道③

ついに熱海城に到着!!

きましたきました。熱海城の城門です。ここまでよく上りました。(9480歩、PM2:00)

熱海城の城下町入り口そして階段

この熱海城、知ってました??実は、歴史上に実在したお城ではなく、一大アミューズメントパークなのです。とはいえ雰囲気はバッチリ!!中が楽しみです!

天守閣の”白”に映える赤の階段を上ると・・・熱海城の入り口です。

「ついたどぉ~~!!」(10032歩、PM2:10)

熱海観光のメッカ、熱海城の入り口 IMG_6361

歩いた疲れは、熱海城で癒そう

熱海駅から熱海城までで、1万歩。ここまで歩いてきた疲れは、熱海城で癒しましょう!!熱海城には全身マッサージ器や足裏マッサージ器、足もみ器などが無料で使用することができます。こんなに揃っているのもすごいことですが、熱海といったらやっぱりコレでしょ!!

熱海城1Fにある足湯

足湯ですよ。「気持ちいい~」しかも、景色がいい!!(左上は初島、右上は伊豆半島の網代)

熱海城の足湯からの絶景

 自分との戦いを経た後の、足湯は本当に最高です。足元からぽっかぽか。ここでゆっくりと自分への労いをかけてあげてくださいね。

この後、熱海城をフルに2時間楽しんできました。(13553歩、PM4:15)その模様は、こちらの記事でたっぷりとお伝えしてますよ!!

帰りは、熱海市内の名所を巡る”湯~遊~バス”で一気に熱海駅まで・・・。

※バスが1時間に2本程度の運行で、PM4:34

熱海、湯~遊~バスの熱海停留所

 15分ぐらいで熱海駅に到着!!(14008歩、PM4:55)

まだまだ歩き足りないという方は、帰りもお散歩で「いいんです!!」よ。2万歩突破はまず間違いないでしょう(笑)。

熱海城の簡単なデータ

住所:〒413-0033 静岡県熱海市曽我山1993

アクセス:

■タクシーの場合

熱海駅より約10分

■路線バスの場合

伊東・網代方面、多賀車庫行→「錦ヶ浦」で下車 徒歩10分

熱海港行、後楽園行→ロープウェイ乗り換え→頂上駅 徒歩3分

■湯~遊~バスの場合

熱海駅より約13分、熱海城前下車(1日乗り放題は700円)

■お散歩

来宮駅出口から徒歩約26分

熱海駅出口から徒歩約30分(←うそぉ。ホント??私の場合、寄り道付きで90分でした笑)

伊豆多賀駅出口から徒歩約50分

営業時間:9時~17時(入場は16時30分まで)

定休日:なし

入場料金:大人900円、小・中学生450円(ネットでクーポン券印刷すれば100円引き、JAF会員もカード提示で100円引き)

公式サイト:http://www.atamijyo.com/

 

まとめると

ただただ好奇心から歩いてみた熱海駅~熱海城までのお散歩には、今まで見たことのない熱海の裏側を観ることができました。熱海の表とは、広範囲にひろがる熱海温泉街です。まさに熱海城から臨む街並みの景色がそれです。

熱海城、バス停留所から臨む温泉街

この景色ももちろん最高です!!夜景はとても有名ですよね。そして、ここから見る熱海海上花火大会はヤバそうです。

ですが・・・

この人工的なものとはまた違った景色が、錦ヶ浦に存在しました。崖の高さは80m以上という断崖絶壁が続く絶景。

錦ヶ浦から臨む初島リゾート

 こんな景色は、歩いた人にしか味わうことができません。

だいぶ大げさですが、「生きててよかったぁ~」と実感できる時間を過ごすことができました。

運動不足の方はウォーキングに、気分をスッキリさせたい方はストレス解消に、景色を楽しむなら熱海随一の名勝地を観に、ぜひお散歩してみてくださいね。「もっとこんな素敵な所があったよ~」という方がいらっしゃったら、教えてください!!

ちなみに、今回の私のお散歩データです。分析結果についてご質問があれば、メッセージくださいね。

 熱海駅~熱海城までの心拍計のデータ 熱海駅~熱海城までのポラール計による心拍数の測定

 ただ一つ。所々、休憩があったとはいえ平均心拍数が「68」ですから、驚くほどハードな運動ではないことがわかるはずです。(個人差あり)

 確か「熱海城」ってペットOKなんですよ!!”お城とペット”面白い珍しい組み合わせですね(笑)。

熱海巡りバックナンバー

熱海城に行ってみて、観光スポットランキングの上位になる理由がわかりました!!熱海を観る、感じる、体験するならココだよ!

ちょい足しウォーキング!!パワースポット巡りなら熱海来宮神社へ、樹齢2000年を超える大楠に宿る”生命力”は本物です!!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。