至福の時間!!「ザ・ベランダ」のアフタヌーンティーは五感を使って味わおう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダイエット・運動をとおして、イキイキした自分になろう」をコンセプトに、

エクササイズメンタルコーチをしている矢谷です。

1901年創業のワイキキ最古の老舗ホテル

モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ「ザ・ベランダ」にて、

アフタヌーンティーを頂きました。

モアナサーフライダーのザ・ベランダ入口

とっても優雅『ひととき』

ゆっくりと二時間かけて、香り豊かな紅茶とスイーツを楽しんできました!!

おすすめは・・・

・爽やかな風

・バニヤンツリーの緑

・さざ波の音

・鳥のさえずり

・紅茶の香り

・スイーツの美味しさ

など

五感をフルに活用して、「ザ・ベランダ」の全てを味わうことです。

そして、ここモアナ・サーフライダーでは、

ワイキキの歴史を見て学ぶ館内散策もおすすめです!!

楽しみは、アフタヌーン・ティーだけではありません。

そんな素敵な時間を一緒に感じて頂けたら嬉しいです。

さぁ騒々しい時間からの解放です!!

100年前の貴族になったような優雅な気持ちで、心をリセットしていきましょう。

優雅な正面玄関のお出迎え

「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」の正面玄関です。

モアナサーフライダーの正面玄関

何か他のワイキキリゾートホテルとは違う風格。

モアナサーフライダーの正面玄関、白い柱

「まるで・・・神殿のよう」

「The First Lady of Waikiki」

ワイキキのファーストレディとして称賛された碑

ここモアナ・サーフライダーは、コロニアル様式の気品のある佇まいによって「ワイキキのファーストレディ」と称賛され、世界各国の大富豪に愛されていました。

海風が吹き抜けるメインロビー

エントランスの階段をゆっくりと登ると・・・

モアナサーフライダーのメインロビー

このエレガントな開放感!!

そして、私が一番最初に目に入ったのが、このゴールド!!

ゴールドに輝くエレベーター

1901年のホテル創業時からあった電動式のエレベーターは、当時としては画期的なものだったのです。

上品さを感じるシャンデリア

天井との吹き抜けからシャンデリア

アフタヌーンティー前ですが、すでにモアナ・サーフライダーに心を奪われてしまいました。

「あとで、館内散策をゆっくりしてみよう~!!」

ということで・・・予約していた12時に。

アフタヌーンティーを楽しもう

ホテルの中庭にあるバニヤン・ツリーを眺めながらの「ザ・ベランダ」

モアナサーフライダーの中庭にあるバニヤンツリー

圧倒的な存在感ですね。

海の柔らかいさざ波に、豊かな緑を楽しむ小鳥たちのさえずりが聴こえてきます。

「落ち着くぅ~~」

もちろん、今日のテーマは

「優雅な貴婦人になる!!」

ということで、

数々の賞を獲得している自慢のワイン

メニューは、自慢のワインで乾杯できる「ファーストレディーティーサービス」をオーダー。

ザ・ベランダのアフタヌーン・ティーのメニュー

自分へのご褒美時間です。

まずは、紅茶を選びましょう!!

あなたの気分にピッタリ合った「紅茶の香り」は何ですか??

好きなお茶をオーダーできるアフタヌーンティー

私が選んだのは、ココナッツティー!!

ココナッツのほんのりした甘味が、口の中に優しく広がります。

香りが漂ってくるのが伝わりますか・・・!?

ついに、やってまいりました!!

『アフタヌーン・ティータイム』

ザ・ベランダのファーストレディーアフタヌーンティー

※陶磁器は、1987年に行ったホテルの大改装で発見された陶磁器のかけらのデザインを元に、復元したもの。

「おっ~~!!色鮮やかで美しい!!」

何から手をつけてよいのか迷ってしまいます。

「素敵な”ひととき”に(^O^)/」

バニヤンツリーと共に乾杯

15分ぐらいでサクサク食べてしまえるぐらいの量ですが、

スマホも見ずに、ゆっくり2時間かけて、ここだけでしか味わえない時間を体験してきました。

中庭にあるたった一つのバニヤン・ツリーの木によって、演出された空間。

モアナサーフライダーとバニヤンツリー

創業から3年の1904年に植えられ、マナ(霊力)の力が宿ると言われている木に癒されます。

ワイキキビーチの海のさざ波が優しく響き、

小鳥のさえずりによって、バニヤンツリーの豊かな緑を感じ、

ハワイの爽やかな風が肌を通り抜ける

こうした最高の舞台があるからこそ、

心が豊かになっていくのでしょう。

「素敵な時間を、ありがとうございました!!」

モアナサーフライダー宿泊の最安値☞TripAdvisor (トリップアドバイザー)

アフタヌーンティーを終えたら、優雅に館内散策

どこにいっても、どこを見ても見所満載のモアナサーフライダー。

歴史の重みを至るところで目にすることできます。

「美味しかったぁ・・・、さぁ帰ろう!!」

ではなくて・・・(笑)、

まだまだ楽しんでいってくださいね。

くつろぎと余韻を楽しめるロビー

モアナサーフライダーのロビー

気持ち良すぎて、思わずうたた寝しちゃいそうです(笑)。

見上げても楽しめる!!美しい白い円柱のデザインに、

宮殿を思わせる白い柱

ハワイで代表的な大きな葉”モンステラ”がありますね。(←私にはそう見えました)

正面玄関を入って左奥に歩いていくと、「ザ・モアナチャペル」が。

モアナサーフライダーの「ザ・モアナチャペル」

さすがに中には入れませんが・・・とっても素敵なんでしょう♡イメージはこちら

右手を向くと、ワイキキビーチが目の前のガーデンが広がっています。

モアナ・サーフライダーのダイヤモンドローン

「ここでブーケトスをやるのかなぁ・・・!?」

廊下一つをとっても、優美です。

モアナサーフライダーの廊下

大きな鏡を横目で見ていると、思わず姿勢が”ピン”となります。

正面メインロビー前の階段も、一つ一つのつくりが丁寧で細かい。

白い円柱と共に豪華な中央階段

「ちょっと2階に登ってみよう!!」

モアナ・サーフライダーの2Fは歴史資料館

わずか数段上ると見えてきたのは、「MOANA MUSEUM」

モアナサーフライダーの資料館入口

「ん・・・!?何だろう?」

もしかして、

「こ・これは・・・歴史資料館ではないか!」

モアナ・サーフライダーの2Fにあった展示品

これ1枚には収まり切らないほどの展示品や写真が、階段周辺や吹き抜けスペースに飾られていました。

中央階段に飾られているモアナサーフライダーの歴史

・1901年の創業当時のワイキキ周辺の地図

・世界の大富豪が過ごした至福の時間の写真と、その時に使用していた陶磁器

・ハワイを代表するデューク・カハナモク愛用のサーフボード(←たぶん)

そして、

なぜか??宝箱も(笑)

この時は開館していなかったのですが、同じ階に「ヒストリカル・ルーム」があり、歴史を感じさせる興味深い展示品がいっぱい飾られているそうですよ。残念。

さらに、

モアナサーフライダーのエントランス方向に足を進めると・・・

誰も知らない隠れ家のようなスペースが!!

モアナサーフライダーの隠れ家的2Fスポット

屋外から楽しむだけでなく、屋内からも楽しめることのできる場所です。

ここに置かれているソファに座って、カラカウア通りを眺めてみてはいかがですか?

表面だけではなく、細かい部分にまで行き届いたサービスやこだわりは、さすがに本物ですね!!

それだけの価値があるからこそ、永続的に人々に愛されるわけです。

モアナサーフライダーにいらしたら、

お散歩だと思って、絶対に2階をご覧になってください!!

ここで、アフタヌーン・ティーを味わった時間があなたの心により深く刻まれていくことでしょう。

それは、長きにわたり愛されてきた歴史の重みを感じることができるからです。

おわりに

今回、私がモアナサーフライダーでアフタヌーン・ティーを頂いた目的は、

『思いっきり優雅な時間を楽しむ!』

です。

ついつい無意識に見てしまいがちなスマホをポケットに締まって、

ただ純粋に目の前に広がる世界を味わいましょう!!

その時間に浸れるだけで、心が癒されていきます。

忙しく過ごしている毎日から、心が解放されていきます。

でも、もっと大切なのは、

あなたが持っている「理想のイメージ」をリアルに実現することなのです。

最高の時間を現実にするメリットは、

「また来たい!!」と思うことです。

本気でそう思えば、あなたはどう変わるでしょうか??

この場所に来るために、必要なこと。

「お金や時間、そして健康な体」を、自分自身でつくろうと頑張るはずです。

自然にですよ。

また来たいという強い気持ちが脳にも伝わるからです。

「感動することで人が変わる」

というのはこういうことなんですよ。

一つだけではない。

たくさんの気づきを与えてくれたモアナサーフライダーの午後の時間に、

「ありがとうございました!!」

モアナサーフライダーの車寄せ近くの歩道

VELTRA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。