”湯河原温泉ちとせ”に泊まって「万葉公園」の自然を満喫散歩!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「湯河原温泉ちとせ」に宿泊した際に、ぜひ足を運んでほしいお散歩コースをご紹介します!!

湯河原温泉ちとせの正面玄関前

まずは・・・私の選ぶ!!ちとせの魅力ベスト3(笑)

写真は無いけど・・・やっぱり1位は、温泉!!

2位は、バルコニーから”ちとせ川”。マイナスイオンたっぷりのお部屋

ちとせ川を臨むお部屋の全体像

3位は湯河原の”旬”、山と海の幸を夕食で楽しむ!!(※季節やコースによって内容は変わります)

湯河原温泉ちとせでの夕食風景

おまけ。ゆったり寛げるロビーで、家族や友人との会話が弾む!!

湯河原温泉ちとせの館内ロビー

ではでは早速、お出かけしましょう!!

絶対におすすめなのは、「湯河原温泉ちとせ→万葉公園」のお散歩コースです。万葉公園は歴史もさることながら、日本の四季を思う存分味わえるのが最大の魅力だと思います。距離も程よいのでお散歩にはもってこい。

そして、それぞれの季節や時期によってぜひお散歩してほしい時間帯も変わります。

例えば、6月上旬~中旬は”ほたるの宴”を楽しめる夜に、11月下旬でしたら、少し暖かくなるお昼に”紅葉”を、そして、日曜日なら観光会館前で行われる湯河原の海・山の幸や珍しいお土産も並ぶという”観光朝市”へという具合です。

今回は7月上旬のお昼に私が体験したコースでお話していきます。いつもどおり、歩数計もつけてますよ~(笑)。

湯河原温泉ちとせ→観光会館

湯河原温泉ちとせを出発。(11時10分、0歩)

左手にちとせ川、右手に湯河原温泉ちとせのコース

ボウリング場を越えて、しばらく歩くと分かれ道が・・・。左に進んで川沿いを歩いてみよう!!

ちとせ川と宿場町との分かれ道

「気持ちいい~~!」

ちとせ川沿いを歩くお散歩コース

こちらの”ちとせ川”には色んな生き物たちがいるそうです。鮎や様々な種類のカニさんたちも。6月にはホタルだって鑑賞できるんですよ!!

湯河原町観光会館に到着。(11時30分、1671歩)

湯河原観光会館と万葉橋

日曜日の朝6時頃~9時頃は、朝市が行われる場所でもあります。

私がお散歩したのが、土曜日のお昼ということもあるのか!?ボランティアの観光ガイドさん(おじいちゃん)がおすすめスポットなどを簡単に解説(約5分)してくれました。(←万葉公園では土、日、祝日に観光ボランティアが常駐しているようです。詳しくは湯河原町公式サイトへ)

観光会館

ということで、万葉公園をお散歩するならココでしょ!!おすすめスポットは・・・

①景色を楽しむなら、千歳川の渓流散策路

②珍しさを楽しむなら、狸福神社へご参拝

③とりあえず間違いないのは、独歩の湯(足湯)

④日本の歴史を学ぶなら、光風荘

ざっと挙げてみるだけでも、これだけあります。特に公園自体すごく大きいわけではないので、ぜひ行ってみると良いと思いますよ。ただし、③と④は営業時間があるのでご注意を。

景色を楽しむなら、千歳川の渓流散策路

観光会館前にある”万葉の歌碑”右にあるトンネルから再スタートです。(11時40分)

万葉の歌碑の脇にあるトンネル

ここをくぐり抜けると・・・雰囲気抜群の千歳川渓流散策路に到着です。

ちとせ川の渓流散策路

「うわぁ。涼しい~~!!」全然、トンネル前と空気が違うんです。これはぜひ体感してほしい感覚!!そして、ここは秋になると渓流と紅葉が見事にマッチングするベストポイントなんですよ。

千歳川渓流散策路と滝

いつまでも聴いていたい、感じていたい水の音とエネルギー

梅雨時期だったので水量が多く、ちょっと恐いぐらいの水の流れ(笑)

休憩所でゆっくりもできちゃいます。

千歳川渓流沿いにあるお休み処

さてさて、ここからが万葉公園で唯一つのアップダウン!!結構、ハァハァするかも。張り切って行こう!

万葉公園で唯一つのアップダウンの急階段

あっという間にこんな高さまで登ってきたよ~。いい運動になるねぇ。

万葉公園内の千歳川の渓流沿いの散策路

珍しさを楽しむなら、狸福神社へご参拝

狸福(りふく)神社の「狸」って何て読むかわかりますよね!?

そうです。”たぬき”なんです。こちらの神社ではタヌキを祀っているのです。珍しいですよね。(11時48分、2111歩)

湯河原万葉公園、狸福神社の鳥居

なぜ??タヌキなのかって・・・それは、もともと湯河原温泉を発見したのが、傷ついた老狸だったと言われています。そして、その狸がこの温泉で自分の傷が癒えたことから、温泉への感謝の気持ちを込めて、この辺りに住む人々に、この温泉の存在を伝えたそうです。

ほらっ。キツネさんではなくて、タヌキさんですよね。

タヌキを祀る湯河原狸福神社

こうして今の神社となって祀られたのは終戦後のことらしいですよ。

タヌキによって温泉の存在を知った湯河原の人々はそのおかげで裕福になったとか。ぜひ、「幸せになりたい!!」と思っている方は、お立ち寄りください。

とりあえず間違いないのは、独歩の湯(足湯)

マイナスイオンたっぷりの散策路をもう少し歩いてみることにしましょう。

万葉公園の中はマイナスイオンがたっぷり

この日は真夏日だったのですが、万葉公園内はまさに天然のクーラーがついているかのよう。

緑に映える”赤”の橋。何か趣がありますね。このあたりで毎年6月上旬~中旬にかけて「ほたるの宴」が開催されます。(19時30分~21時)

ほたるの宴も開催されるスポット、花木園

もちろん、紅葉シーズンはすごい素敵な空間を演出してくれるでしょう。

湯河原万葉公園の花木園付近

その先、50mぐらい奥に進むと見えてきました。見えてきました。

おっとっと。ペットはこの先禁止のようです。

万葉公園内にある足湯、独歩の湯の入口前

とりあえず湯河原温泉に来たら、ここは押さえておかないとね!!300円(小・中学生は200円)だしwww。

湯河原温泉足湯施設、「独歩の湯」に到着です。(11時53分、2383歩)

万葉公園、湯河原温泉人気スポット1位の独歩の湯

ただ、営業時間が10時~になるので、早朝だとまだオープンしていないのがイタタ。

◎「独歩の湯」の簡単データ

料金:大人300円(施設内で使用可能なレンタルサンダル付き)、小・中学生200円

営業時間:午前10時~午後6時まで (ただし、11月~2月までは午後5時まで)

休園日:毎月末木曜日 (ただし、木曜日が祝日の場合は、その前日の水曜日に変更)

お問い合わせ:TEL.0465-64-2326

湯河原温泉足湯施設「独歩の湯」公式サイト:

もし、営業時間外に来ちゃったという場合、これだけはやってみてください。

”独歩の湯”と書かれた看板の右方向へ数十メートル歩くと、お目見えするのが「湯かけ地蔵」さんです。

万葉公園、足湯施設独歩の湯の玄武門前、湯かけ地蔵

湯河原の温泉の「湯」を守るお地蔵さんです。この何とも言えない”柔らかい”顔つきに癒されますよね。

ぜひ、あなたの悩める部分(お地蔵さん)に水をかけてあげてください。きっとあなたの悩みや病を癒してくれるはずです。私はお地蔵さんが両手で大事にもっている玉!?を心だと念じてお水をかけました!!

「いつまでも感謝のこころを忘れずに、私のできることを一生懸命やっていきます!!」

意識していないと、見逃しちゃうかもしれませんが、それはそういうタイミングだと思って、ちゃんとお顔を合すことができたら、ぜひご挨拶してくださいね。

この後・・・私は足湯を50分程リポートしてきたので、12時42分に再スタートします。

日本の歴史を学ぶなら、「光風荘」

観光ボランティアさんのすすめで、光風荘という建物を見学してきました。場所でいうと赤丸で囲っている所で、湯河原温泉では日帰り温泉として有名な”こごめの湯”の近くに位置しています。

湯河原町万葉の湯の観光マップ

こごめの湯から急坂を下っていくと・・・正面にある建物が見えるでしょうか!?

湯河原温泉こごめの湯の前の急坂を下る

もう少し近づいていきましょう。

二二六事件の舞台となった湯河原の光風荘

ここが、「2・26事件」の東京以外で唯一の現場となった「光風荘」という老舗旅館の別館です。建物は事件当時に焼失しているので、復元です。(12時49分、2841歩)

湯河原で起きた「2・26事件」の現場、光風荘

この建物の中に、様々な事件当時の遺品や写真、関係資料がありますが、開館時間は土・日・祝でいづれも午前10時~午後3時(無料)になりますので、時間に余裕があったら覗いてみると良いと思います。外から建物を観てみるだけでも何かを感じるかもしれません。

開館している時間は、ボランティアのおじちゃんが丁寧に説明をしてくれます。(私も15分ぐらいじっくりお話してくれました)「2・26事件」は昭和維新とも言われている歴史的に大きな事件です。その当時の事を知ることで、もっともっと今の世の中の流れを理解できるのではないでしょうか。(実をいうと、私はボランティアのおじちゃんにもっと歴史を学んだ方がいいと怒られちゃいました笑)

「湯河原温泉ちとせ」までの帰路へ

30分後の13時19分に、再びスタートですwww。

5分後には、観光会館に到着。近いでしょ。(13時24分、3353歩)

観光会館前にいるタヌキ

タヌキともお別れして・・・行きとは別ルートの宿場町を通ることに、ここから一気に駆け抜けていきますよぉ。

ちとせ川とお土産屋さんとの分かれ道

昔なつかしの”射的”があったり、

湯河原温泉観光会館前の通り、射的屋

建物にどこか風情のある御煎餅屋さん

おせんべい屋さん

お土産屋さんやひもの屋さんもちらほらありますが・・あんまり活気の無い感じが。

湯河原温泉のそばにあるパッキーボウル、ボウリング場

何か湯河原温泉には違和感のあるボウリング場(笑)の角を右手に曲がり、そのままいくと左手に”ちとせ”が。

湯河原温泉ちとせの外装全体像

「ただいまぁ~!!」湯河原温泉ちとせに到着です。(13時38分、4802歩)

湯河原温泉ちとせの玄関前

まとめると

宿泊日の夕方や翌日のチェックアウト時にお出掛けの場合は、万葉公園を中心にたっぷりと湯河原の自然・歴史を感じるコースを。早朝ならさくっと万葉公園を1周して朝市(日曜日限定)に立ち寄るのが良いと思います。

ウォーキングというと、何だかしっかりとした運動をイメージしてしまいますが、宿泊施設から程よい距離のお散歩を楽しむのでも十分にウォーキングの効果があります。おいしい空気や水、普段はあまり見ない景色を観るだけでも心が落ち着くのが分かると思います。

実は、そんな楽しかった!良かったぁ!!という経験が、あなたにとってお散歩することを習慣にするスイッチにもなったりするのです。

湯河原温泉ちとせに泊まるなら→料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれたじゃらん人気宿ランキング。

ぜひ、”湯河原温泉ちとせ”に宿泊して、万葉公園までお散歩を!!

ちなみに・・参考までに私のウォーキング記録。

時間:2時間28分(かなり寄り道したのであしからず)

歩数:4802歩

以下、心拍計によるデータ参照のこと。

湯河原温泉、万葉公園散策コース心拍計数値

湯河原温泉の旅バックナンバー

湯河原温泉の人気スポット「独歩の湯」を全公開!!ココでしかできない体験とは?

湯河原温泉の日帰り温泉といえば「こごめの湯」ですよ!!ここのおすすめポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。