安定的に結果をだす考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目標達成に向けた今日の一歩

あなたは、今日という日があまりよく機能しなかったら、

どう考えるでしょうか?

もうその日は諦めて、

「次の日に切り替えてやろう!」と思いますか?

はっきり言うと・・・

目標達成までの道のりを一日単位のみで考えてしまうのは、

目標達成から遠ざけてしまう非常に危険な考え方です。

それは、なぜかと言うと、、

調子がいい日も調子があまり良くない日も、

多少なりとも私たちの中には、バイオリズムがあるからです。

今日は100点。でも、明日は20点という日も、一日単位で考えれば、そういう時も

きっとあるでしょう。ですが、そう考えずに、3ヶ月や半年といった大きな枠のなかで、

コンスタントに力を発揮できることが、とても大切です。

「何だか今日は気持ちが乗らないなぁ」と思って過ごしても、今日寝て起きたら

明日には、それが勝手に修正されるわけではありません。

今日これからどう過ごす?

そんな状況の中で、自分のベストな状態にもっていくためには、

今日これからどう過ごしていくべきかを考えていく必要があるわけです。

十分に睡眠をとることが大切だと考えるならば、それでいいと思いますし、

栄養バランスの良い食事を摂るということでもいいいでしょう。

調子が崩れたときにどんなことをすると、あなたのバイオリズムが上向くのか?

それを、行動しながら身につけていくことが重要なのです。

しかし、1日という小さい単位で見てしまうと、どうしてもパフォーマンスが低いときは、

そのままズルズルと引きずってしまいがちです。

ではなく、今日は今日。

その中でどうすれば、どんなことをしていけば上向きになるのかを考えることです。

ほんまにタフじゃないとやっていけないメジャー。

先日、メジャーリーガーの上原浩治選手が、ある記事で発していたコメントです。

5月7日のヤンキース戦で延長18回(2試合分)まで戦ったその日は、

試合が終わったのが、なんと日付が変わるころ。試合終了後は、次の試合に向けて移動。

結局、眠りにいたったのが明け方だったそうです。

野球選手のようなスポーツアスリートは、体が資本。

なのに、そんな生活リズムでは無理でしょ?と思ってしまういますよね。

当然、その次の日の疲れといったら、ヤバかったと思います。

でも、だからといって「今日は試合に出られません!!すみません!」

とはいかないわけです。

恵まれた環境、安定したリズムが崩れたのは、シーズンという大きな枠から考えたら、

ほんのちょっとしたことですし、もともと、スケジュール的にハードなのであれば、

どこでどう帳尻を合わせていくのかを考えていくことが大切です。

もっともっと大きな枠で、今から目標に向けてできること。

そこに集中することです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。