あの人のベストパフォーマンスを出す方法(徳川家康)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月が旬の季節の食材

「あなたの心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

今日は、倹約家としても有名な江戸幕府・初代将軍の

徳川家康

この歴史的な大人物の、

いくつかあるベストパフォーマンスを出す方法の

一つを紹介します。

『季節はずれのものを口にしない』

ある年の11月、

同盟を組んでいた織田信長から

ひと籠の桃が届けられました。

桃は、

梅雨明け~8月のお盆ごろが旬という夏の果物

11月という時期では、とても貴重な果物なはずなのに、

すべて自分の家臣に与えてしまったそうです。

それだけ家康は、

旬の食材を口にするように意識していたというエピソードです。

その時期に育てられた、旬の食材は、

もちろん、栄養成分が充実していますし、

何よりも、その季節の健康を助け、

元気を与えてくれるものなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。