本田圭佑に学ぶ!有言実行し結果をだすための言葉の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本田圭佑の名言から学ぶ結果を出す理由とは?

あなたの目標を達成するための、

「心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

本田圭佑がいった言葉。

「こうなりたい」が

「こうなければならない」に変わる

この2つの言葉の違いに、

ベストパフォーマンスを出すヒントが

隠されています。

「○○したい」

「○○なければならない」

の言葉の裏側をみると、

よ~くわかります。

「したい」の裏側には、

まぁしなくてもいいや

という意味が含まれています。

だって、

「こうなりたいなぁ~」

とおぼろげに思っているにすぎないからです。

一方の、

「○○なければならない」

の裏側には、

「絶対に○○になる」

という言葉が含まれてます。

つまり、

そこには、責任という2文字が

加わっているのです。

ちょっとした言葉の違いですが、

その後の行動に大きく左右するので、

気をつけ“たい”ところです。

といって、

私も「たい」と使うと、

無責任発言になってしまうのです(笑)。

ぜひ、言葉の使い方

意識してみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。