宮里藍の引退会見に学ぶ!世界で活躍するための心構え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフに集中しよう

世界の超一流選手の言葉には、

最高の結果を出すためのヒントがたくさん転がっています。

なぜって!?

それは、その選手が最高の舞台で、最高の結果をだすために、

いつも意識していることだからです。

今回は、先日引退会見を行った女子ゴルフの宮里藍さんの言葉です。

米ツアーで活躍するのに、必要なことは何か?

その答えが、本題です。

『私のことで言うと、飛距離に惑わされることなく、自分のベストなゴルフは

どこにあるのか追究しつづけた。そして、他と比べないこと。』

ゴルフで飛距離を飛ばせるということは、戦略的にものすごく有利なこと。飛ばすことができれば、

単純にそれだけカップに近づけることができるからです。

ただし、飛距離をだすためにはパワーが必要。どんなにフィジカルトレーニングを積んだとしても、

もともと体格差のある日本人にとって、欧米の選手と飛距離で争うことは難しい。

どうすれば、自分のベストなゴルフができるのでしょうか?

それが、パワーではなく、飛距離で勝負しないゴルフ。

そして、他人がもっている強みと比べない自分のゴルフ。

だから、いつも自分と向き合い、自分のできる最高のパフォーマンスはどうすれば出せるのか?

を、ずっと見つめていたのです。

以前、わたしは宮里藍が、ゴルフの素振りを超スローモーションで動くという練習を、テレビで観た

ことがありました。

それは、頭に描いている理想的なフォームのイメージと身体との動きをピッタリと重ねていく

トレーニングなのですが、そのトレーニングの意図は、いかにムダな動きを無くすかということです。

小さい体でも、効率よく少ない力で大きな力を生むために、からだの連動性を身につけるというふうに

練習に工夫を加えていたのです。

人と比べると、その瞬間から、メンタル部分として“あること”が生まれてしまいます。

それは、「不安感」です。不安感が生まれ、感情が揺れうごいていきます。

そこに妬みがあるかもしれません。

しかし、それらによって感情がブレれば、メンタルは乱れていきます。

メンタルが乱れると、今、本当に集中すべきことがわからなくなり、

頭が混乱し、結果、ベストパフォーマンスが出せなくなるのです。

では、どうすればいいのか?

まずは、自分の目標達成を第一に考えること。そこに集中するということです。

そして、自分の成長にとって必要なことであれば、ライバルや他人からも常に学ぶ

という気持ちが大切です。

あなたの強みは、何ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。