「ながら運動」は効果がない!その理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美脚を意識している女性

一昨日のフジTV22時からの「もしかしてズレてる?」にて、

杉本彩さん(48歳)の美を保つ秘訣が紹介されていました。

その一部が、YouTubeにアップロードされていました。

→ https://youtu.be/RcRse52wBvs

(テレビの内容を動画にしているので、削除リスクはあります)

杉本彩さんの美の秘訣は、一言でいうと、

生活をすべて実践トレーニングの場にしているということです。

床をお掃除するときも、立位体前屈のような態勢で行い、

座るときは、内ももを使って雑誌を挟みながら姿勢を意識して、

正しく座るようにしている。

歯磨き時には、お尻を落とし、スクワットの態勢で歯を磨くというのです。

TVでは、こうしたトレーニングを「ながら運動」と紹介していましたが、

これは、テレビを観ながら腹筋するというながら運動とは、訳が違います。

ながら運動とは、トレーニングをする意識がなくても

気軽にできることから運動の敷居を下げるために、言われている運動の総称です。

まさに、テレビを見ながらの腹筋というのはそういうこと。

でも・・・これって本当は効果があまりないんです。

動きを意識しながら行うことで、正しい運動ができ、

きちんと筋肉を使うことができるので、

その結果、目的としたBODYラインをつくることができるのであって、

ただ単に、動いているだけであれば、それは運動自体が「目的化」してしまうのです。

きっと、あなたは運動しなくても健康を保つことができたり、

スタイルを維持できるのであれば、運動をしないはずです。

運動とは、描いている未來イメージを現実にするための「手段」なのです。

これを理解していれば、ながら運動を選択することは、まず無いはずなんですね。

杉本彩さんの運動は、日常に転がっている美のヒントを、

生活の中で実践しつづけているという、運動です。

タイトルにするならば、「美ボディをつくるLifeトレーニング」(笑)です。

この番組を観てから、私もあることはじめました。

それは、座るときに膝と膝を合わせるということです。

慣れないせいか、内転筋がブルブルしていますが、

それだけ座る一つをとっても変わるということです。

私は60分のダラダラ運動だったら、5分の集中した運動の方が

効果があると思っています。心構えが変わるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。