自宅でトレーニング!スノーボード初心者がバランスよく「立つ」ための練習法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの目標を達成するための、

「心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

今回は、

スノーボード初心者がまず雪面で立てるようになるための動画を紹介します!

スノーボードが全く初めてだったり、初心者というのは、

両足でボードを固定された途端、急に立てなくなってしまいます。

でも、よく考えてみれば・・・そりゃあそうですよね。

普段歩いたり、走ったりするときに足を固定することがないからです。

つまり、

スノーボードでは普段の日常生活には無い動作があるために、立てなくなってしまうのです。

スノーボードでまず立つためには、雪面にボードのエッジ(鉄)部分をかませないといけません。

しかし、この微妙なエッジ動作(エッジング)が初心者にとっては難しすぎるため、

立つことができません。

だからこそ、

この動きを、もう家でやっちゃいましょう!!

ということで、作成したのが先程の動画なのです。

自宅で毎日5でもやれば十分です。

ここでは、動き方をしっかりとからだ(筋肉)に染み込ませるのが目的です。

はじめてやる動きと、すでに家でやったことのある動きであるならば、

絶対に後者の方が、雪山でも落ち着いて動けるはずだと思いますよね・・・!?

もちろん、

家と雪面は全く違うものなので、きっと苦戦はするはずです。

でも、きっと上手くいかなかったとしても、

あなたは、こう思うはずです。

「あの家トレでやったように、もっと○○すれば上手く立てるようになるのではないか?」

って。

つまり、それは頭の中で立てるイメージが浮かできているということ。

何をどうすれば、バランスよく立てるのかがわからない、というのではなく、

イメージしたことが再現できないだけであれば、上達度合いは全く違います。

そのためにも、ぜひイメトレだと思って、こちらの練習を取り入れてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。