首こり・肩こりは「下がり鎖骨」にあった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

首こり・肩こりは「下がり鎖骨」にあった!?

下がり鎖骨とは、本来、

鎖骨が中央部(胸骨)から肩に向ってVの字に位置しているのに比べ、

肩の位置が下がり、ほぼ水平になってしまっている鎖骨のことをいう。

この「下がり鎖骨」になると、

首や肩の筋肉が常に引っ張られている状態になり、

疲れてしまうのだとか。

その解消法というのが、今日の私の学びであった

「ボート漕ぎ体操」

首こり・肩こり予防・解消ストレッチ

ボートを漕ぐような動きで、上体を起こしながら、肘で円を描いていくようにしていく。

詳しくは、こちら。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/170611/

実際に、私もやってみましたが、かなり効果はありそうです。

10回繰り返すだけでも、肩甲骨周辺が温まる感覚があり、血行が良くなる実感がありました。

こちらについては、

私もトレーナーとしての視点を踏まえ、

今後、動画を撮影したいとおもいます。

ちなみに、

「凝り」の原因は、

・不良姿勢がつづき、緊張が強いられること

・たくさん動かし過ぎて、疲れがたまってしまう

動かさなくても、逆に動かし過ぎても、良くない。

結局、適度な運動が大切なんですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。