正月太りを防ぐポイントは『〇―ティン』ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月のお節料理とお雑煮

あなたの目標を達成するための、

「心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

「も~いくつ寝ると、お正月~!!」

お正月は、本当いくつになってもワクワクしますよね。

何でなんでしょう?この感覚は・・・。

お年玉はもらえるし、家族勢ぞろいで楽しいし、休みだし

何か嬉しいことが一遍に集まる日だからなのでしょうか。

ただですよ~。

そんなお正月にも厄介なことがあります(笑)。

そう・・・それは、

『お正月太り』

ではないでしょうか??

お正月の後は、何かと話題になりますし、

色々なところで、お正月太りを解消とか今年こそダイエット!!

なんていうフレーズをよく耳にします(笑)。

「毎年のことだから気にしない!」

と思っている方も少なくないかもしれませんが、

お正月で太った2kgが重くのしかかり、

結果、その年のプラス体重分になっている人が

多くいるという現状も、よく見受けられます。

よほど運動習慣のある人は1ヵ月ぐらいでリカバリーしますが・・・。

それぐらい、お正月太りは案外やっかいなものなのです。

ということで・・・

今回は、お正月太りを防ぐ方法を、お話しします。

ポイントは、

『ルーティン』『リカバリー』です。

ルーティンとは、

お正月のようなお休みではない日と、同じような生活習慣をできるだけ守ろうということです。

つまり、

お正月だからといって、あまり極端なことをしないことです。

いつもと同じように、食事を美味しくいただき、お酒を飲み、

仕事に行くように散歩をし、お風呂に入って、ゆっくりと寝るということです。

「そんなつまんないこと言わないでよ~」

と思うかもしれませんが、本当にこれが一番です。

お正月太りの理由は、

食べすぎでも、飲みすぎでもありません。

実は、いつもと違う生活になるからなのです。

いつもと違う時間に起き、

いつもと違うものを食べ、

いつもと違う時間帯に飲み、

いつもと違う睡眠をとる。

これが、結果的に代謝を下げてしまうわけです。

代謝とは、

“からだの循環や流れ”と理解いただければと思います。

つまり、

いつもと違う生活によって、からだの循環が滞ることによって、

脂肪の燃焼しにくい体になってしまうのです

とにかく、お正月を特別扱いし過ぎない。

これがポイントです。

とは言っても、

「無理無理~」と思っている方へ、

ルーティンが難しいのであれば、

次はリカバリーを考えてください。

リカバリーとは、休養です。

前日の夜に食べ過ぎ飲み過ぎだったのなら、

次の日の朝食を抜く!!

それが無理なら、お昼を抜いて、夜を軽めにする。

といった感じで、

空腹感がでるまで、食べ飲みを控えることです。

空腹感がポイントです。

まだ、なんか胃が重たいなぁというのは、

内臓が疲労している状態だったり、消化しきれていないサインです。

前日に運動をやりすぎて、筋肉痛がでてしまったら、

また、前日と同じように運動はしないですよね?

せめてストレッチか、ウォーキングといったところでしょう。

それと同じ考え方です。

やり過ぎたなら、必ずリカバリーをとるようにする

こうすることで、最低限、

からだの循環を悪化させるのを防ぐことができるので、

太りにくい体を維持できるようになります。

この考え方は、実はお正月だけではなく、

体型を維持するうえで、ずっと使える考え方です。

ぜひ覚えておいてくださいね。

あとがき:

でも・・・やっぱり無理かもと思う方は、

こちらのサイトをご覧ください。

面白いテクニックが書かれています。

「お正月太りを防ぐ食べ方について」

これも一つの考え方だと、私も思っています。

http://www.sableandsquirrel.com/diet/diet-008.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。