自分で簡単にできる!!膝の痛みを和らげる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの目標を達成するための、

「心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

今日は、

簡単にできる膝の痛みを和らげる方法

ご紹介します。

まず・・・

これは絶対に頭に入れておいてほしい事があります。

それは、膝の痛みの中で、

多くを占めるのは、筋肉の硬さやこわばりなどが原因で起こるということです。

ですから、

解決法としては、簡単です!!

膝の痛みをとるために・・・

その硬くなっている部分を取り除くことです。

当然、ケガや事故などで、

腫れあがっていたり、熱があったり、赤くなっているような

明らかな変化や痛みがある場合は、全く違う考え方です。

ところが・・・

思い当たるような節がないような痛みの場合は、

まず、筋肉の問題を疑ってみることがポイントです。

膝の関節(お皿を含めて)は、

膝のまわりを前後左右の4方向から筋肉によって、

保護されているような構造です。

そして、その筋肉が

微妙なバランスで釣り合っていることで、

膝がその構造をうまく保てているわけです。

くもの巣が多方向から、

同じ力で引っ張られることで、

ちゃんとクモの巣として機能できているのと同じです。

しかし、どこか一部でも、

同じ姿勢が続いたり、ストレッチなどのケアの不足で筋肉が硬くなったり、

ハードに運動をすることで、筋肉のこわばりができたり、逆に、運動不足で弱くなったりすると、

そのバランスが崩れ、

膝に痛みがでやすい状態になるのです。

ということで、

まずは、どこに痛みがあるのか?

意識を膝に向けて、しっかりと感じ、その部分を触ってあげてください。

そこが直接、硬くなっているようであれば、手を当てて、揉んでみましょう。

これだけでも、随分と変わります。

痛い部分の近くに、そういった違和感がなかった場合は、

その周りをさわっていくと、

案外、

他の部分(痛みと反対方向)が硬くなっていることもあります。

そういったこわばりなどが見つかったら、

同じようにかる~く揉みほぐしていきます。

本当にこれだけです。

まとめると・・・

・痛みがどのあたりにあるのかを感じる

・どのあたりが硬くなっているかを手で触りながら、確かめる。

・その部分を、揉んでみる

この3ステップで、ほとんどの膝の痛みは和らぐことができます。

寒くなる季節は、

特に、痛みの出やすい時期です。

ぜひ、からだと向き合い、

ベストな自分をつくっていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。