睡眠の質を高めるには・・ズバリ、○○の運動が大切です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 質の良い睡眠

あなたの目標を達成するための、

「心と身体のベストパフォーマンスを引き出す」コンセプトに、

エクササイズメンタルコーチングをしている矢谷です。

睡眠の質を高める方法は、

ズバリ・・・結論を言うと、

『からだを動かそう!』

です。

わたしは、以前

風邪を引いていた4日間

運動らしい運動をしませんでした。

仕事がちょっと忙しかったというのも理由の一つですが、

トレーニングをしようとする気にすらならず、

とにかく体が重ダルい感じがあったからです。

そんなで、4日ほど、

眠りが浅く、トイレで起きたり、

何となく現実に近いような夢をみたりして、

あまり良く眠れる感覚がありませんでした。

ところが・・・です。

昨日は、

よ~く眠れました!!

パッと目覚め、起き上がってみると、

疲れがスゥ~っと抜けているではないですか。

よい具合に、からだに張り感があり、

すっごく気持ちの良い朝を迎えることができたのです。

そこで・・・

前の日の出来事を振り返ってみると、

火曜日というのは、

私も唯一、スポーツクラブでボクササイズのレッスンを担当している日であり、

レッスン後にはフットサルで遊ぶという

いつもより長く、いつもよりハードな運動デーであることがわかりました。

つまり、

しっかりと心拍数をあげた運動や全身をつかった動きを行うことで、

からだを目一杯使い、体が疲れることで、良い眠りを誘導してくれたのではないか?

と考えています。

このことから、

私は、よく眠るための運動について、

こう定義できるのではないかと思っています。

その人にとって、

『ちょっとキツイなと思えるぐらいの有酸素運動を、ちょっとキツイと思えるぐらいの時間つづける運動』

です。

これらを各運動量別に、置き換えて例えてみると

普段から運動する習慣がないというのであれば、

いつもより多めに歩くということになるでしょうし、

いつもは階段を使わずにエスカレーターだけで移動する方であれば、

階段を何回かつかってみる

走る習慣があるのであれば、

いつもより走る時間を長くしたり、スピードを速くしたり、

スポーツクラブに行くという方なら、

1レッスンを2レッスンにしてみる!

といったことになると思います。

『いつもよりも多く、いつもよりちょっとキツイ運動をする』

運動デーをとりいれることで、

からだがしっかり疲れてくれるので、自然と回復の場を欲しがり、

睡眠の質が高まるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。