ミズノ専属ウォーキング指導員による「ウォーキング」の講習会を受けてきたので、シェアします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウォーキングシューズやランニングシューズを作っているメーカーさんの講習会かぁ・・・面白そう!!」 

ということで・・・2015年5月2日、西武エンジョイウォーキング特別企画、総合スポーツメーカの「ミズノ」によるスペシャルイベント『ミズノ専属ウォーキング指導員によるウォーキング講習会』に参加してきました。私たちにとって日常的な”歩く”という動作は、シンプルだからこそ難しいとも言えます。それをすっごくわかりやすく解説していたので、シェアしちゃいます!!難しく考えずに「へぇ、なるほどぉ!!」ぐらいの感覚でご覧になってください。

 ミズノ専属ウォーキング指導者によるウォーキング講座

まずは、歩く前にストレッチ

ここでは、信号待ちとかにでもできる「簡単その場ストレッチ」を2つ紹介します!!

肩のストレッチ

撮影する角度を変えているだけで、2枚共に同じストレッチですよ。「肩回り」のストレッチです。歩くときに腕を振りますよね。その腕振りで使う筋肉の一つが”肩”になります。準備をしっかり行いましょう!!

①姿勢をまっすぐに、②横にした腕を胸に引き付けて、③そのままキープします。

※注意点です。腕の位置が肩よりも上にならないようにしましょう。

もう1つは、ふくらはぎのストレッチです。

ふくらはぎのストレッチ画像

歩いていると、「ふくらはぎが張ってくる」「つっちゃう・・・」という方も多いのでは!?それらを防いだり、疲れをとるストレッチですよ。

①姿勢をまっすぐに片足を前に出して、②両足のつま先の向きを正面に揃えたら、③後ろの膝をしっかり伸ばしてキープします。

※バランスが崩れそうになったら、何かにつかまりながら行うようにしましょう。

歩く姿勢をつくろう!!

このストレッチ?運動をしたら、すぐに歩く姿勢が出来上がります!!

下がりやすい目線を前に向けて、景色を楽しみながら歩きましょう!!

簡単にできる「歩き方」のポイント

①「半歩大きく、膝を伸ばして、踵で着地」

半歩大きく、膝を伸ばして、踵着地

膝を伸ばして踵を着地させることで、足が振り子のような動きになってスムーズに前に進むことができます。(←ローリング※)

※ローリングについては、こちらの記事で少し触れてます。

普段はこんなふうに歩いていませんか?

膝が曲がって、ストライド幅が狭い歩き方

踏み出す脚の”幅”狭くなって、前脚の曲がっています。いやゆるトボトボ歩きです。

また、こんなのはどう?

前脚の膝が高くあがってしまう歩き方

ハリきり過ぎて、膝を高くあげすぎていませんか?バランスが不安定になりやすく、疲れやすくなります。脚の幅を広げようと頑張り過ぎるパターンです。

さぁ覚えてください!!もう一度いきます。いつものあなたより・・「半歩大きく、膝を伸ばして、踵で着地」ですよ。

②「腕の振りは、肩から大きく」

まずは理想系から・・・ 

ところが・・・肘を曲げるだけの歩き方になっていませんか?こんなんです↓↓↓

もしくは、腕を横に振ってしまう方もいるはずです。

腕を横に振ると、体を余計にヒネリ過ぎてしまうために、腰痛になりやすいそうです。

これは一つ参考に。もっと速く歩くコツは、肘を曲げてコンパクトに腕を振ることです。

腕をたたんで歩くことで、動きの効率が良くなりテンポが速くなります。ウォーキングで消費カロリーを上げたい方は、スピードをあげて歩いていきましょう。

正しいシューズの履き方

「待ってましたぁ!!」

さすがに、シューズメーカーの指導員ということもあって、良い歩きをするための「シューズの履き方」も教わってきましたよ。

①まずは、つま先をあげてシューズに踵をしっかりと合わせます。

正しいシューズの履き方。踵の位置を決める

 一連の流れでいうと、こんな感じ。シューズに足を入れたら、踵をトントンたたいていきます。 

Q. では、なぜ?シューズに踵を合せるのか?

A. 歩くときは、前に出した足の踵から着地するとお話しましたが、その着地を安定させるために踵をきちんと固定することが大切だからです。

②つま先側の紐は、足の形に合わせて紐を締めるようにします。(←必要以上にキツく締める必要はありません)

つま先側の靴紐の締め方のポイント

③ただし、踵の安定感を助けるために、最後2組の紐穴を通した部分は”キュッと”気持ち強く締めるようにしてください。

最後の2組の靴紐をキツく締める画像

④これで完成!!

正しく靴紐を締めた様子

シューズの紐を足にフィットさせることで、ものすごく足が軽くなった感じになります。ちょうど、背中にピタッと合うようにリュックを背負うと荷物が軽くなるのと同じようなものです。

ウォーキングシューズの選ぶポイント

ミズノのウォーキング指導員からシューズ選びのポイントについて1つだけアドバイス。

「足にフィットするシューズ」

というのをテーマにした時に、どんな素材のシューズを選ぶべきかについてです。先ほどのシューズの履き方にも触れましたが、よりあなたの足にフィットすることで、歩く効率があがるので疲れにくくなりますし、より安全に歩くことができます。

その答えは、「人工皮革でつくられたシューズよりも、天然の皮でできたものを選ぶ」ことです。

人工皮革は、買った当初は柔らかく、履きやすいのですが、ずっと同じ形のままで変わることがありません。それに対して、天然の皮の場合、最初は硬く馴染みにくいのですが、徐々にあなたの足型に変わってくるので時間をかけてオリジナルのシューズに仕上げることができます。

まとめ的な

今回のイベントは、もちろん無料でしたが、たくさんの”なるほどぉ!”がありました。また、シューズメーカーさんはシューズの選び方から履き方までを歩くという運動の一部で捉えているところが、とても面白かったです。そして、今回一番良かったことは、「わかりやすさ」です。今のあなたよりも、「少しだけ意識できること」「ちょっとだけココを変えてみようかなぁ」というのがあれば、それだけで十分だと思っています。

 ミズノのウォーキング指導員の方からこちらのシューズを勧められましたが、デザインが・・・。「ごめんなさい!!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。