「軽い」or「重い」どっちを選ぶ?初心者のトレイルランニングシューズの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今からトレイルランニングをはじめたいと思っている、そこのあなた!!

どんなシューズを選んだ方が良いのか・・・!?

なかなかわかりませんよね。

今回はシューズを選ぶポイントとして「重量」というテーマに絞ってお話していきます。

重量とは、トレイルランニングシューズがどれぐらいの”重さ”なのかということです。

シューズには軽量級から重量級まであります。柔道とか格闘技のような感じですね。スポーツでもそれぞれの階級によって、動きのスピードが違ったり技のキレが違うように、シューズの重量の違いによって、それぞれメリットとデメリットがあるわけです。

では、そもそもシューズはなぜ重くなるのか??

簡単にいうと、様々な機能を取り揃えているからです。

こちらの図を見ると非常にわかりやすいです。

ウォーキングやランニングシューズの選び方で大切な重さを理解する画像

(引用元:私は、2週間で6kg減量していました

この図をみてお分かりのように、トレイル初心者にとって必要なのは、クッション性なのです。

なぜ?クッションが必要なのか??

それは、ランニング中にかかる身体への負担を軽減してくれるからです。

ちなみに身体にどれぐらい負担があるのかというと・・・gooヘルスケアにこう示してありました。

膝にかかる荷重は、平地を歩いているときは体重の約3倍、走っているときは約10倍、階段の上り下りでは約7倍に上ります

普段何気なく歩いていると思いますが、実はこんなにも身体に負担がかかっているのです。ランニングをすると膝が痛くなるという方が多いですが、交互の片足ジャンプを繰り返しているようなものですから、当然といえば当然なのです。

こういった負担を軽減するという意味で、シューズに加えられた機能が「クッション性」なのです。

だから、このクッションの厚みが増えれば増えるほど、重くなっていきます。

2つあるモンベルのトレイルランニングシューズのソールの厚みを比較してみました。

どちらもモンベルのトレイルランニングシューズですが、

ソール(足裏)のクッションの厚みの違いがわかると思います。

もっと薄いソールのものだと、これぐらいにもなります。

入間市アウトレットで売られていた上級者向けのトレイルランニングシューズの写真

こちらはニューバランスですが、同じトレラン用のシューズでも随分違うのが分かると思います。

シューズが初心者を守る、もう一つの機能とは?

もう一つトレイルランニング初心者の身体を守る機能があります。

それは「安定性」です。

この安定性の主な役割は、グラつきをできるだけ減らすことです。

凸凹した所を歩いているイメージをしてみてください。

グラグラしているところではそれだけでバランスを取ることが難しくなりますよね。バランスを崩さないように歩くと、それだけ余計に身体に負担がかかります。それを防ぐために、メーカーそれぞれが独自の開発によって安定性を増すための“仕組み”をシューズに付け足したのです。

この「クッション性」「安定性」という二つの機能によって、シューズの重みが増すのです。

一般的なランニングシューズでは、走れるレベルによって重さの基準を分けています。

例えばこんな具合です。

初心者:300~350g

中級者:200~300g

上級者:200g以下

「どれぐらいのレベルが初心者なのか?」

と疑問に思うかもしれませんが、

・これからランニングを始めようと思っている

・運動の習慣がない」

・自分で初心者だと思っている

・欲がない(タイムとか距離など)

これらが思い当る方は、みなさん初心者と考えてよいと思います。

まとめ

・トレイルランニングシューズの重さが増す理由は、初心者の身体を守る「クッション性」と「安定性」があるから。

・上級者は走り慣れていたり、それだけの筋力や対応能力があるために、シューズについている余分な機能を取り除くため、軽くなる

ということで・・・

初心者の方がシューズを選ぶときは、あなたがいかに安全にランニングを継続できるかどうか?を優先させることです。

つまり、シューズの重さが気になったとしても、機能性を重視したシューズ選びをすることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。