「靴紐」or「ワイヤー」のどっちを選ぶ?初心者のトレイルランニングシューズの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

靴紐」と「ワイヤー」のどっちのシューズを選べばいいのか!?

ちょっと迷いませんか??

そもそもワイヤーのシューズがどんなのかわからないっ・・・て。こんな感じのです。

トレイルランニングシューズのヒールカップの比較画像

左側のトレイルランニングシューズが、ワイヤー式のものです。リールアジャストシステムとも呼ぶそうです。

リール: Reel)は、釣り竿に取り付けて釣り糸道糸、ラインとも呼ぶ)を巻き取る道具のこと。

右側の靴紐のシューズと比較して、調整が圧倒的に楽(らく)そうなイメージがあるかと思います。

もうすでに、ワイヤーシューズを利用している人達は、確かに・・「簡単に脱いだり履いたりできる」という声が多くあがっています。

そして、もう一つ多くある意見としては、「固定力」です。ギュッと強く締めつけることができるという意味です。そうすれば、靴の中で足がズルズルとあまり動かなくなるので「遊び」がなくなります。つまり、”ムダ”がなくなるということです。あなたの走っている感覚がそのままダイレクトにシューズに伝わることができます。ムダが多くなればなるほど、自分の力が伝わりづらくなるからです。

一方、靴紐のシューズの場合、靴紐を締めるのに人間の手が入りますから、どうしても”締め”が甘くなってしまう。特に女性は”力”があるわけではないので、なかなか強く締めることができません。

これが一番のデメリットです。

ここまでの話を聞くと、靴紐よりもワイヤーのあるシューズを選んだ方が良いように感じますよね。

ところがです。

ワイヤーにも問題点が・・・やはりあります。それは、アナログとデジタルとの違いと言いますか、ワイヤーシューズだと細かい調整がきかないということです。つまり、締め具合がすべての部分で”一定”だという意味です。人間の足が水筒のようにどの部分も同じような形であれれば問題ありませんが、そうではないですよね・・・。

アシックス、足型測定、足底測定

私の足は、人差し指が親指よりも長いギリシャ型(画像では、人さし指が折れ曲がってるのが分かると思います)ですが、人によって全く違う形をしている足に対して、ワイヤーシューズでちゃんと”固定する”という機能を発揮してくれるのか??答えは・・・

NOです。

試し履きをしてみて、違和感がないのか!?靴紐シューズと履き比べてみて、履き心地が良いのかを確かめる必要があります。

トレイルランニングだけでなく、ランニングシューズでは靴紐を締める作業自体、面倒くさいというのもわかります。しかし、それだけ足の形に合うように一つ一つ丁寧に締めることが可能だと思えば、考え方も変わるはずです。

トレイルランニング初心者の私は結局、靴紐シューズを購入!!靴紐の”融通性”を選びました。

モンベルのトレイルランニングシューズを購入

ワイヤーシューズが税抜価格で12500円(女性用は12300円)。靴紐シューズの方が税抜で9900円と2割程”安い”というのもありますが、自分の足型に合った固定力があるというのが最大の魅力でした。

しかも、モンベルのトレイルランニングシューズの靴紐には、ここしかないシステムがあります。赤い印のつけた所に注目してください。

 特許をとったイージーフィットシステム

これは、『イージーフィットシステム』(特許取得済み)といいますが、靴紐の折り返し地点に2つのループ(穴)を置くことで、靴紐の折り返しの角度が滑らかになるように設定してあります。こうすることで、より締めやすくなり、フィット感が増すのです。

現在このシューズでトレイルランニングの練習をしている私ですが、感想を言うと締めやすさは抜群に良いです。特にギュっギュっと力を入れなくても靴紐を締めることができます。そのためか、かなりフィットする感じを得ることができます。

ただ難点もあります。

それは・・・すぐに靴紐がほどけてしまう点です。ですから、そうならないように私なりに発見した方法は靴紐を二重に締めることです(笑)。

靴紐を二重に締めているモンベルのトレイルランニングシューズ

こうすると、さらにホールド感が増すので、シューズと足がかなりシックリくるのですが、何と言っても古典的な方法に自分でも少し笑えてしまいます。

繰り返しますが・・・トレイルランニングシューズを選ぶ際は、試し履きを必ず行うようにしましょう。そして、まずはあなたが履いてみた感覚が良いのか、悪いのか感じてみることです。その上で、シューズについて詳しく知ってそうな店員とお話してみることです。あなたの感じた感覚が、そのシューズと相性が良いのかを見極めてくれるはずです。本当は店長に聴くのが一番おすすめです。

それが大前提で・・・

 まとめ

・足の形、特に横幅や甲の高さが比較的一定の場合、しかも時間効率や便利さを求めるのであれば、おすすめはワイヤータイプ

・足の形、特に横幅や甲の高さが凸凹している場合で、靴擦れなどが心配な方のおすすめは、靴紐タイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。