ランニングで”揺れにくい”ボトルポーチを探してきました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダイエット・運動をとおして、イキイキとした自分になろう」をコンセプトに、

エクササイズメンタルコーチとして活動している矢谷です。

まずは、こちらをご覧ください!!

 

「めっちゃ揺れてるぅ・・・」

これ嘘じゃなくて、ウエストにちゃんと合わせてポーチをつけた後に撮影したものなのですが、水分の入ったペットボトルが上下に揺れまくっているのが分かると思います。

ニューバランスがメーカーのランニング用のポーチ

こちらのポーチですが、私が数年前にアウトレットで購入したのですが、その時は機能性について全く考えもしませんでした。

それから、特に使わずに、放置・・・。

しかし・・・

「今度のトレイルレースの時に使いたい!!」

と思い、忘れかけていたこのポーチをつけて、ランニングをしてみたら・・・どうでしょう!?

一番最初にお見せした動画のような結果になってしまいました。

あまりの揺れに・・「走りづらい!!」かったので、そのままペットボトルを捨ててしまったぐらいです(苦笑)

「どうしよう・・・」

出場予定のトレイルランニングレース(毎年1回、私はトレイルレースに参加することを決めています)で”ポーチ”で参戦したい!!(←理由はリュックよりも感覚的に走るのが楽だから・・)と思っていた私は、早速スポーツショップを訪ねてみることに。

「トレイルランニングで、走っているときも”揺れにくい”ボトルポーチはありますか??」

ということで・・

「走るのが大好きです!!」

と言っているショップ店員さんに色々と聴いてみると、確かに、ボトルポーチを選ぶポイントがいくつもありました!

そこで・・今回は、店員さんと私との会話の様子を含めて、走っているときに揺れにくいポーチを探すポイントについてお話していきたいと思います。

※ちなみに、私が訪ねたショップは、池袋西武8Fの「SEIBU SPORTS」です。そこには、”NATHAN”(ネイサン)というブランド(ココではボトルポーチのことをウェストバッグと呼ぶので、以下ウェスバッグと記載)と、アシックスのボトルポーチ(今回は触れません・・)がありました。ですから、ここでは色々とあるボトルポーチのその他のブランドやメーカーとの商品比較ではありませんのでご了承ください。

西武池袋本店8階スポーツ専門店、ランニングアクセサリ

そもそも、ウェストバッグはなぜ必要か??

もちろん、水分補給をするためです。しかも安全にです。

近所や近くの公園などでランニングする場合は、水道もあれば自動販売機だってありますよね。それにペットボトルが空になっても、ゴミ箱がどこかしらにあるはずです。

ところが、トレイルランニングをするような山やハイキングコースではどうでしょう・・・!?

なかなか水分補給をするような環境が整っていないですよね(自然の中ですから当たり前のことですが・・・)。ならば、自分で持っていくしかない!!

そういうことです。

でもですよ。

自分でペットボトルや水筒を持っていくにしても、登山道やハイキングコースは町の舗装された道路と違って危険がいっぱいです。コース上では石ころや砂利、岩場の道だってあります。

それだけではありません!!木の根っこに引っかかったり、滑りやすい路面もあります。

そんな環境の中で、手がふさがっているのは非常に危険なのはわかりますよね。

ですから、その危険を未然に防ぐために、バックやウェストパックなどを活用し、水や栄養分などを持ち運びするのです。

なぜ?走っている時にウェストバッグが揺れるとダメ!?

簡単です!!

邪魔だからです。

本当の理想を言うならば、走っているときは何も身につけたくありません。それは、普段の通勤で片手にビジネスバックを持って走るのが大変なのと一緒です。

できることなら、バックを背負ったりポーチを着けたりせずに、自然体のまま走りたいはずです。とは言っても、そんなわがままは自然界では通用しません(笑)。

ならば・・・せめて

「できる限り邪魔にならない、気にならないものを身につけたい!!」となるはずです。

また、アスリートや、1分でも1秒でもレースで好タイムを出したいと考えているような選手たちは、自分の走りのパフォーマンスを発揮しやすい道具を選ぶという理由もあります。

私の買ったNATHAN(ネイサン)のウェストバッグとは・・・

まず、私の買った商品がこちら↓↓↓

シューズショップの店員がおすすめしてくれたネイサンのウェストパック 

”Peak”といいます。画像はブルーですが、ブラックを購入しました。

ネイサンの”PEAK”タグの画像

1サイズですが、女性に人気のピンクもあります!!

そして、その気になる実力ですが・・・

ほとんど揺れてません!!

レースでもこのポーチをつけて走りましたが、

第3回八重山トレイルレースのスタートシーンの画像

第3回八重山トレイルレースのスタートシーン)

「ゴォーる!!」

第3回八重山トレイルレースのゴールシーン

すっごく快適に走ることができました!!

人によってそれぞれ体型が違いますし、ウエストのカーブ(ウエストとヒップラインの差)が急な人もいるかと思いますが、ほとんど問題はないはずです。

一つ注意するならば・・・

ウエストバッグを取り付けるタイミングです。

息を吐いて、なるべくお腹をフゥッ~と凹ませた時に取り付けるようにしましょう!!

逆に、お腹を膨らませた状態でつけてしまうと、走っている途中に緩い感覚がでてきてしまうかもしれません。

色々あるNATHANのウェストバッグを比較してみよう!!

西武池袋8Fのスポーツ専門店には、”NATHAN”のウェストバッグが数種類ありました。それぞれの商品についても色々とインタビューしてきたので、比較しながらお話していきたいと思います。

注意点としては。それぞれの商品には、それぞれの特徴がありますので、一概にどれが良い悪いということではないということです。様々にある特徴の中で、あなたが求めるニーズに答えてくれるものが、最高の商品です。

◎パッドの幅が違う

パッドの横幅が違うウェストパックの比較画像  右の画像のウェストバッグが、私の購入したPeak。左はHorizonという商品です。

パッドの幅がだいぶ違いますよね。

バックにある幅によって体に密着する面の大きさが変わるので、安定感に違いがでてきます。バックの幅が広ければ広いほど、体に密着する接地面が増えるので、安定しやすくなります。

◎ボトルの形が違う

ボトルの形の違うタイプのウェストパック

左がPeak、右は”Triangle”というPeakの前身となるヒット商品だそうです。

さすがに外観は似ていますが、この2つの大きな違いはボトルの形です。

「わかりますか~!?」

Triangleのボトルは丸型になっているのに対して、Peakはやや横広の形になっています。

このボトルの形の違いが意味することは、身体への密着度です。

丸みのあるボトルは、当然、面となる部分がほとんど無いためにそれだけ揺れやすくなりますが、その丸みが緩やかになれば、その分、からだに密着しやすくなるのです。

「へぇ~~なるほどね!!」

要するに、それだけポーチの揺れが、走りに影響するということです。

ところがですよ。

Peakのボトルは、体へより密着させられるよう機能面を考え、変形してつくられているために、丸型ボトルより水分の入る容量が少ないんです。

Peakには水分が535mlしか入りませんが、Triangleは650ml入ります。

「うわぁ・・マジか!!」

もともと、こうしたウエストバッグが必要なのは、「安全面を考慮した上で、いつでもどこでも水分補給・栄養補給できる」ということ。

そう基本に戻るならば、より多くの水分の入るTriangleの方が良いという方もいるわけです。

この段階でもっと分かりやすく比較すると、

もっともっとパフォーマンスを上げたいという方はPeak

喉がよく渇くので、たくさん水分を持ち運びたいという方は、Triangeを選ぶべきです。

◎メッシュの範囲が違う

メッシュの範囲の違うウェストパックの裏側

左のウェストパックが”VaporStorm”、右がPeakです。

メッシュ部分の細かい”構造”については、よくわかりません(笑)が、Peakの方が何となく良さそうですね・・・。

と、ここで一番伝えたいのは、メッシュ部分の範囲の広さについてです。

メッシュの主な役割は、汗を吸収することと、速乾性です。

汗がなかなか乾かずに、そのままこびり付いたままでは、ウェストバッグ自体がどんどん重くなってしまいます。それが、揺れを生みだす原因になるわけです。

ボトルポーチの裏側のメッシュ構造の比較画像

左は先ほど登場のTriangle。右はPeakですが、随分メッシュの構造が違いますよね。

◎ポーチの形が違う

ボトルの設置向きの違いがわかるポーチの比較画像

4つのウェストバッグのどれもが、もうすでにこの記事に登場している商品たちです。

左上がVaporStorm、右上がHorizon、左下がTriangle、右下がPeakです。

こう4つの商品を比べてみても、それぞれに特徴があるのがよ~く分かると思います。

ボトルの形や構造、ボトルの入れる向き、パッドの幅などなどです。

左上のVaporStormは、とにかく水分がたくさん入る容器(700ml)が特徴です。その分、揺れが大きくなりやすいので、ボトルを入れるポーチの溝を深くし、より固定力を出すような構造になっています。

右上のHorizonは、ボトルの向きが左向きになっていますよね。これが大きな特徴です。利き手が”左”という方におすすめです。また、パッドの幅がかなり狭くなっていますが、お尻の筋肉が発達している人であれば、ボトルの縦揺れをかなり防ぐことができるそうです。

左下のTriangleと右下のPeakは、ほぼウェストパック自体の形は変わらないのですが、細かい点でいうならば、ボトルの形、裏面のメッシュ構造の違い、ポケットの収納力(Peakには、iPhone6やエネルギー補給系のゼリーが2つ入る)に違いがあります。

これらの特徴を、総合的に判断してみて・・・

やはり、おすすめはPeakですね!!

その理由は、値段的にも、機能をみてもバランスがとれているからです。

でも・・・もっと予算を抑えたいのであれば、Triangleでも十分だと言えます。

正直なところ、初心者の方であれば、PeakとTriangleの機能性の違いについて、気になるほど感じないと思います。

そして、利き手で、筋肉に自信がある方は、Horizonでしょう(笑)。

でも、左利きとはいっても他のポーチでも十分対応できるはずですし、ちょっと違和感があったとしても1秒を争うようなアスリートでなければ、そこまで重要視する問題ではないと考えられます。

とにかく、水を多く持っていないと不安だというのであれば、VaporStorm。

ですが、そこまで水分を持ち運びしたければ、そもそもポーチではなくリュックであればリットル単位で持ち運びができるので、その方が良いのでは?と思います。

しかし、好みによってどうしても背負う感じに違和感があって気になるというのであれば、致し方ありません。

ナイトランニングブラックリフレクティブファブリックを採用しているそうです。「何のこっちゃ・・・!?」と思いますが、要するに・・・夜でもすぐ目につくので、特に夜に走るという方におすすめらしいですよ!!

Peakの一番の特徴と、気をつける点について

先ほどは詳しく触れませんでしたが、Peak一番の特徴について付け加えておきます。

それは、ウエストバッグにボトルを入れる角度です。

「・・・・・・!?」

コレのことです。

シューズショップの店員がおすすめしてくれたネイサンのウェストパック

走りながらでもボトルが取りやすい角度らしく、”特許”も取得しているそうです。

確かに!!

NATHANのウェストパックからボトルを取り出す図

ちなみに・・・

「ちょっと肩回りが硬いから、ボトルとれるかな・・・!?」と心配な方もいるかもしれません。

実際、私もボトルを取る際に、軽く肩が「ピキッ!」といってました(笑)。

そんな私と同じような心配のある方は、こちらのストレッチをやってみましょう!!

肩のインナーマッスルストレッチ①

右手の甲を腰の辺りに置いて、肘をグゥッ~と後ろにもっていくストレッチです。横から見るとこんな感じ⇩

肩のインナーマッスルのストレッチ

肘を後ろへ引いたら、数十秒キープしてください。徐々に柔らかくなっていく感覚が分かると思います。

一方、ウエストバッグを使うにあたって気をつける点ですが・・まず、こちらの画像をご覧ください!!

「えっ・・・!?」

「ボトルから水が漏れるのぉ??」

そうなんです。漏れるんです。

ではなくて・・・

ちゃんと蓋を閉めないと漏れてしまうようです。

上の動画をよ~く見るとわかるのですが、ボトルをギュッと潰した状態で蓋を閉めようとするとボトルの入り口が変形してしまうので、ダメなんだそうです。

現に私も、買ったものが不良品かと思って、購入後にショップにクレーム半分で飛び込みました(笑)。

蓋を閉めるときは、このようにしてくださいね!!

まとめ

ここまで長々と書いてきましたが、

ポイントはつ!!

あなたが、ウェストバッグを購入したいと思ったら、どんなものが欲しいのかをハッキリと店員に伝えることです。

・走っている時に揺れにくいものなのか?

・一番安いものがよいのか?

・水がたくさん入るものがよいのか?

・通気性がよく濡れにくいものがよいのか?

商品には、それぞれにコンセプトがあります。

決して意味のない商品は存在しません。

でも、それぞれの商品の特徴なんて素人の私たちにはよくわからないですよね。ですからそんな時は、ぜひショップ店員さんに相談してみましょう。

その時の・・・もう一つ大事なことをお話しておきます!!

それは何か??って、

ニコニコと楽しそうに働いている店員さんに質問をするということです。そして、その店員さんがこの言葉を発していたら、まず間違いないです!!

「この商品、私も使ってます!!おすすめですよ~!」

トレイルランニング部 (おとな×ブカツ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。