歩くからこそできる感動の体験!半月山展望台から臨む中禅寺湖の眺望が最高です!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダイエット・運動をとおして、イキイキとした自分になろう」をコンセプトに、

エクササイズメンタルコーチをしている矢谷です。

私は毎年、奥日光に行くのですが、今回はじめて「半月山展望台」まで足を運んでみました。

どうですかぁ・・・この絶景!! 

八丁半島と男体山、中禅寺湖を一望

男体山の噴火でできたと言われる「中禅寺湖」

「きれ~い。中禅寺湖ってこんなに青々としてるんだぁ~」

円錐形の形をした山岳信仰でも有名な「男体山」

「でかっ!!」「一度は登ってみたい!(個人的な感想笑)」

そして、紅葉の名所と言われる手前のでっぱり「八丁半島」

 日光、中禅寺湖、八丁出島の紅葉画像

(イメージ図)

これらを一望できる、半月山展望台からの眺めは、

歩いた人にしかわからない感動の体験です。

また、反対側に振り向いてみると、足尾銅山も。

足尾銅山が一望できる半月山展望台

透き通った澄んだ空気

音の無い空間

自然のありがたみを実感できる場所

それが、半月山展望台なのです。

中禅寺湖までいらしたら、ぜひ一度は足を運んでくださいね。

でも・・・

この半月山展望台、駐車場から意外と登るんです。

ぜひ行ってみたいけど、

「どうしようかなぁ??」

「私登れるかなぁ・・?」

って不安に思う方も多いはずです。

ですから、このブログでは歩数歩いた時間ハイキングコースの様、そして注意点などもまとめていきます。

一緒にハイキングした気持ちになって、「行ける!!」と思った方は、

ぜひ同じ体験を味わいにいらしてみてくださいね。

行きと帰りで、あなたの心の変化に気がつくはずです。

「半月山展望台」の入り口

中禅寺湖からアクセスもよく「ブーン」と車を走らせて、15分ほどで着きます。

半月山駐車場。

日光、半月山の駐車場

かなり広い駐車場です。

「半月山の登山道ってどこにあるの・・?」

駐車場の入口から、右手奥にポツンと目立たない場所に。

「あったあったぁ」

半月山展望台までの入り口

しかも・・・半月山展望台まで、0.6km

「すぐ着きそうじゃん・・」

って、山の600mはなめちゃあかんです。ハイ。

そんなのを知る由もなくスタートです。(10時40分、0歩)

半月山展望台までのハイキングコース

スタートして、いきなり岩がゴツゴツした山道になり、

「えっ、かなりハードじゃない・・・」

と思う私達(親戚のおばちゃん80歳、従妹50歳2名、兄貴50歳、従甥20歳)。

半月山展望台までのハイキングコース

ここで、親戚のおばちゃん(80歳)は脱落しました・・・。(結果的に正解でした)

と、何だかハードな山道を想像しがちですが、それだけではありません。

優しい緑が、心をホッ」とさせてくれます。

半月山展望台までのお散歩コース 鳥たちだって出迎えてくれるんですよ。

自然と私だけの空間って、都会では全く味わえない感覚。

それを感じられるだけでも、十分価値のある時間です。

従妹(50歳)は「ハァハァ・・」息を切らしながらも、展望台を目指して、気持ちを集中させていました。

ハイキングコース?登山道・・・!?

を歩くこと20分。

着きましたよ!!

半月山駐車場まで0.6kmの看板

「あれっ?看板だけ・・・?」

よ~く見ると、ありましたありました!!半月山展望台!

戦場ヶ原も臨める半月山展望台

「やったぁ~!!」

「きた~!!」

男体山と中禅寺湖を臨む半月山展望台

(11時00分、1174歩)

普通に平地を歩くと、10分でだいたい1000歩と言われています。

ほぼ2倍の時間がかかっているのがわかります(笑)。

従妹50歳「けっこう歩いたわね~。もうお腹いっぱい・・・」「でも、これだけの絶景が観られたんだもん。大満足!」

半月山展望台⇒半月山山頂

「あれっ!?」

「展望台って、山頂じゃないんだね・・・」

日光の半月山展望台そばにある案内板

私以外のみんな「私はもういいやぁ(笑)。いってらっしゃ~い!!」

ということで、私だけ山頂を目指すことに・・・。

道なき道を歩き、

※赤いテープの道しるべはあります。

奥日光のハイキングコースで半月山山頂へ

岩石道を歩き、

日光、半月山の登山道。半月山山頂へ

歩くこと7,8分。到着です。半月山山頂。(11時15分、1593歩)

さぞかし、もっと素敵な景色が目の前に広がっているのだろうと期待して・・・

「おいおい!!何も見えないじゃん・・・」

半月山山頂の衝立

以上。

再び、先ほどの分かれ道に戻り、(11時20分、2008歩)

駐車場へと下山をするのでした。。。

半月山展望台⇒半月山駐車場

途中、半月山駐車場の見えるポイントがあるのですが、

どうですかぁ、けっこう登ってますよね・・!?

半月山駐車場が一望できる景色

「自分の足で、ここまで登ったんだねぇ!」

 と実感できる瞬間です!

駐車場に戻ってきました。(11:30、3004歩)

この山が、半月山です!!

半月山駐車場から臨む奥日光、半月山

従妹50歳「あそこまで登ったんだねぇ!よくやったね」

・・・と。

これが大事なんです!!

何度でも自分で自分を褒めてあげましょう。それが「次の行動につながる」のです。

駐車場の奥の方では、芝生にちょうど座りやすい石やテーブル仕様の岩があって、ランチしている人達もいました。

この景色の中でのご飯、絶対美味しいはずです!!

半月山駐車場のランチ風景

半月山展望台へのハイキングの注意点

①木の根っこに注意

ハイキングコースにある気の根っこ

ハイキングコースは、道が比較的狭く、木の根っこが突然あるので、引っ掛からないように注意しましょう。

ポイントは・・・下に注意を払いながら歩くことと、できるだけ木の根っこ(季節にもよりますが、湿気があるので滑りやすい)を避けながら歩くことです。

②岩や石に注意

岩石道の半月山展望台までのお散歩コース

たまにゴツゴツ岩や石だらけの道があります。滑らないように注意してください。

ポイント・・・ここでは、岩や石をよじ登るようなコースはありません。岩や石をよけながら、しっかりとバランスをとりながら、ゆっくり歩くようにしていきましょう

③クネクネしたコースに注意

急カーブのある半月山展望台までの登山道

山道であれば当然のことですが、このようにクネクネした場所がありますので、下りの時に歩くスピードがコントロールできず、踏み外してしまわないように注意が必要です。

ポイントは・・・重心の位置です。つま先の方に前に前に体重をかけすぎてしまうと、どんどん歩くスピードが速くなりますし、踵に乗りすぎると、それはそれで足元が滑りやすくなるので、つま先で土を掴むようなイメージで、足裏全体に体重を乗せるようにしていくことが大切です。

私達は、半月山展望台までのコースを、かなり舐めてかかっていました。

情報として持っていたのは、

「展望台まで20分程歩くということ」だけ(笑)。

一般的に言うところの、ホントに「かる~いお散歩」をイメージしていました・・。

ですから装備だって何もありません。

私は、ランニングシューズ、みんなはスニーカーでした・・・。

この装備でも、もちろん歩いていくことはできるのですが、より安全なのは、やはり滑り止め機能のあるハイキング専門シューズです。

シューズはおすすめメーカーでは選んではいけない!!(←めっちゃわかりやすいですよ)

また、少し荒れた山道を歩くので、膝に不安のある方体力に自信のない方トレッキングポールなどがあると、より安心感のあるハイキングができる!!と思いました。

今一番人気のポールだとコレ↓↓↓

DABADA(ダバダ) 軽量アルミ製 トレッキングステッキ トレッキングポール 2本セット ストック ブラック&シルバー アンチショック機能付 【軽量210g コンパクト最少58cm】 (アルミシルバー)

トレッキングポールを使う大きな目的は、もちろん3本目、4本目の足の役割を担うところにありますが、持基底面」という、よりバランスに不可欠な安定した面が広がるという意味で重要なのです。

(支持基底面が一発でわかる図)

支持基底面を表すイラスト

(配信元:股関節の痛みの原因を治療する、理学療法士國津秀治のブログ)

「半月山展望台まで行くのはね・・・」と思う方は、こちらがおすすめ!!

それは、中禅寺湖展望台です。

半月山駐車場から車で5分程下ったところにあり、アクセスも近く、わかりやすいです。

中禅寺湖展望台の駐車場

地図でいうと、右上のマーカーあたりです。(左下のマーカーは半月山)

ここからの景色もまた、絶景です!!

中禅寺湖駐車場から臨む戦場ヶ原

やや下っただけあって、見える角度は多少違いますが、十分すぎる景色ですよね。

「ほら・・」

右の方には中禅寺湖畔を臨むことができます。

中禅寺湖畔を臨む日光、中禅寺湖展望台

半月山展望台に登ることができなかった、

親戚のおばちゃん80歳「きれいだわ~。これだけの景色を見られて満足です!」

まとめ

登山人生と同じように例えられますが、半月山展望台までの道のりも同じです。

半月山展望台までの道のりは、20分とはいえ、山あり谷ありのコースです(笑)。

普段は見ることのできない絶景へ、そして貴重な体験をより輝かせるための大事な一歩なのです。きっと・・・。

半月山展望台での絶景を味わう体験へ・・・

こんな方には、ぜひおすすめしたいです!!

・歩くのが好き

・自然が大好き

・せっかくだから、行ってみたい!!

行ってみたいけど、少し準備が必要だなぁと感じる方は・・・こういうのもあるみたいです!!

★登山家 小西浩文の『目で見てわかる登山教室』楽しいトレッキング講座

「体験があなたを変える!!そして、その可能性は、あなたの足で掴むことができる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するご意見・ご質問などはこちらから

タイトル

ご意見・ご質問

入力が終わりましたら、左側のボックスにチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。